ホーム | 連載 | 2003年 | 南米発 放浪の料理人 日本食を探る | 南米発 放浪の料理人 日本食を探る=(3)=コロンビア パルミラ=醤油づくりを50年=四世の女性しっかり継承

南米発 放浪の料理人 日本食を探る=(3)=コロンビア パルミラ=醤油づくりを50年=四世の女性しっかり継承

11月1日(土)

 麻薬、ゲリラ、誘拐など悪い噂がつきまとう国コロンビア。しかし、コロンビア人は底抜けに明るく親切である。また、日本にも非常に強い関心を抱いている。ここでも日系の人々が生活している街があった。
 コロンビアのパルミラは、移住計画が行われたところであったが、治安の悪化もあり、近年は近くの街カリに移るか、日本に帰る人が増えた。実際、パルミラに行くと、何処に日本人がいるのかわからない。数家庭が残るのみである。
 ここで五十年近く続く醤油屋の老舗、手島さんを訪ねた。「手島醤油」は、輸入物より安いし、味もコクがあっていい、と評判である。工場を見せてもらった。作業場も貯蔵タンクも家庭内の一角にあるが、整っており衛生的だ。大豆が発酵され熟成された香りが漂う。醤油は一~三年かかるので、商売にするには根気が必要である。同じく豆腐も作られているので醤油をかけていただいた。どちらも大豆の味が凝縮されたなつかしい味だった。
 「祖母は九州にいるときから、醤油づくりが得意でした。しかし、移住したときは材料も機材もすべて試行錯誤から始めました」、「亭主が酒屋の息子で、麹作りなども横目で見て、薄々覚えていたのが助かった」と言う。大豆加工の素人ではなく、基礎は持っていたわけである。はじめ家庭内で作り、近所に配ったことから評判があがり、売って欲しいとの要望が増えたそうだ。
 母の代で商品化に成功、そのまま、現在まで五十年近く続けて来た。四世の娘たちにも麹の作り方から教え込んで手伝わせている。今後も安泰であろう。
 現在、コロンビアの日系社会は後継者問題にも直面している。ただでさえ少ない日系人口の中、日本文化離れの若者が多いという。日本語学校に来る生徒もほとんどコロンビア人である。日系人協会の会員も年々減少しているらしい。そんな中、婦人会の行った料理教室などの文化交流事業に現地コロンビア人が多く参加。新しい活動の展開が期待されている。
 日本食も日本文化もまだコロンビアではほとんど知られていない。日系協会の横で、付属農事試験場で取れた無農薬有機農業の野菜直売店がある。店をあずかるウィリアム氏は大の日本食好きで、料理研究家でもある。
 訪ねると「ネギ、ニガウリ、ナス、サシミもあるよ」と話しかけてくる。店内で調理して一部味見をさせてくれた。「もっと、いろんな食材を使った日本料理を習いたい」、「このニガウリは他にどうやって食べたらいい?」と非常に研究熱心である。かつてほかの国々でもこのような親日的現地人が日本人との架け橋となって、日本食が現地に広まっていったのだろう。これからの新しいコロンビアと日本文化の融合を期待したい。(つづく)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ロシアがブラジル産大豆に農薬減求める=輸入量の一時削減も考慮=ブラジル大豆は多くが遺伝子組み換え2019年2月6日 ロシアがブラジル産大豆に農薬減求める=輸入量の一時削減も考慮=ブラジル大豆は多くが遺伝子組み換え  ブラジル産大豆から大量の農薬、特に除草剤が検出されているとして、農薬を減らさない限り大豆の輸入量を制限する一時措置をとる可能性があると、ロシア農業省がブラジル農牧供給省に通告してきたと、4日付ブラジル紙が報じた。  通告を発したのはロシア農業省所管機関の獣医学・植物検疫局で […]
  • お握りならぬ「お握らず」?!=親子料理教室に50人が参加2019年2月6日 お握りならぬ「お握らず」?!=親子料理教室に50人が参加  今井恵美さんが企画した、日本の料理家・秋山加代子さんが指導する親子料理教室「お握らずワークショップ」が先月27日、文協地下のグルメスペースで催された。これは日本の食文化を紹介することを目的としたもので、文協青年部の青木リジアネ・ヨシエ部長、松本ギレルメ・セイゴ副部長ら […]
  • 震災から8年、岩手県山田町=苦境乗り越え、取り戻した日常=(下)=生きるために働かなくては2019年2月1日 震災から8年、岩手県山田町=苦境乗り越え、取り戻した日常=(下)=生きるために働かなくては  町の案内を快く引き受けてくれたトミさんは、娘の智子(さとこ)さん(67)が営む文房具屋に連れて行ってくれた。震災時、店舗は震災により引き起こされた火災で全焼し、在庫商品もすべて灰と化した。  町役場が備品を必要としていたため、自身も被災していたにもかかわらず、業者か […]
  • 新潟農業研修=母県から4人、農家を視察=1400haの大豆農場も2019年1月30日 新潟農業研修=母県から4人、農家を視察=1400haの大豆農場も  新潟県が実施する「平成30年度農業青年等国際交流推進事業」を通じて、青年農業者4人が来伯した。一行は各地で活躍する新潟県人を中心とする日系農家を視察して見聞を広め、23日に帰路に着いた。  本制度は89年に始まり、92年からは新潟への研修生受入がはじまる形で、隔年で […]
  • 食生活や適度な運動で寝たきりや引きこもりを防ごう2019年1月17日 食生活や適度な運動で寝たきりや引きこもりを防ごう  11月にご主人を亡くされたSさんに会い、あちこちが痛むからスポーツジムで水泳などを始めたと聞いた。これを聞いてすぐ、ご主人の介護などで外出の機会が減り、ビタミンD欠乏症やそれに伴う骨軟化症を起こしかけているのではと考えた。朝早くから夜遅くまで働き、昼食時や休憩時も会社の中とい […]