ホーム | 日系社会ニュース | 高齢者デイケアーを=場を得て広島県人会始める=歩行困難でも受入れ=会員無料一般10レ=一日楽しく、散髪も

高齢者デイケアーを=場を得て広島県人会始める=歩行困難でも受入れ=会員無料一般10レ=一日楽しく、散髪も

1月10日(土)

 ブラジル広島県人会(大西博巳会長)は今月二十七日から、サンパウロ市アクリマソン区タマンダレー街八〇〇番の広島文化センターでデイケアー(通所介護)サービスを始める。昼食・送迎付で半日、軽体操やカラオケなどを楽しんでもらう。主には会員が対象になるが、一般希望者も受け入れる。援協ボランティアとして長年活躍した高木慎子さんが、コーディネーターに就任した。大西会長は「昨年センターが完成し、多様な事業を展開できるようになった。これまでと少しは内容を変えていかないといけない」と趣旨を説明。県出身者の親睦団体から脱皮、地域社会への参加も視野に入れていく方向性を示した。
 広島文化センター建築に伴って、役員らは県出身者宅を訪問、協力を求めた。高齢のため一人で外出出来な移民一世が、少なからずいた。
 自宅に閉じこもりがちな老人が楽しめる空間をつくるのが狙い。同県人会はかつて、独居老人などを対象にした食事のサービスを実施していた。だが、新会館の建設が始まるなどして中断してしまったという。
 「移民百周年を目前に控えると、一世のお年寄りは多い。年配の方たちを大切にして、日本文化を継承していくことに意味があるんですよ」と大西会長は話す。
 さらに、「ブラジルでは在宅介護支援はまだ、充実していない。こういうサービスがどんどん、普及していってほしい」とも。
 会の性格から第一義的には、会員向けになる。一般希望者も一回につき十レアルを支払えば、サービスを受けられる。もちろん、会員は無料だ。
 対象は七十五歳以上の自立者。「一人で用を足し、食事が出来ることが必要」。送迎も考慮に入れているため、歩行が困難でも受け入れ可能だ。
 高木さんは「虹の会」を主宰。月に一回、高齢者を集めて、プラサ・ダ・アルボレのホーリネス教会でレクリエーションを行っている。援協傘下の施設でもボランティアを行っていたが、教会活動に専念したいと、昨年〃退任〃したばかり。
 後継者となるべき人材を用意するという条件でコーディネーター役を引き受けてくれた。自身、広島県内の病院で介護の研修をした経験を持つ。恩返しをしたいとの思いがあるそう。
 美容師もボランティアスタッフに加わっており、散髪もできる。マッサージ、送迎、調理などを手伝うボランティアスタッフを募集中だ。
 問い合わせ電話番号=0××11・3207・5476。

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 「餅は搗かれ叩かれ味が出る」=激動の年の暮れ、餅つき祭り2019年1月4日 「餅は搗かれ叩かれ味が出る」=激動の年の暮れ、餅つき祭り  大晦日のサンパウロ市風物詩、リベルダーデ文化福祉協会(ACAL、池崎博文会長)が主催する第48回餅つき祭りが、31日午前9時からリベルダーデ日本広場で開催され、2万袋の紅白餅が配られたほか、グローボ局が昼のニュースSPTVで生中継した。  まず来賓らが順番に餅つきに […]
  • コロニア10大ニュース=悲喜こもごもの1年振り返る=眞子さまご来伯、110周年祭典=日系候補大半落選、サ紙廃刊も2018年12月28日 コロニア10大ニュース=悲喜こもごもの1年振り返る=眞子さまご来伯、110周年祭典=日系候補大半落選、サ紙廃刊も  ブラジル日本移民110周年記念式典が行なわれた7月をピークに、記念行事が目白押しの1年となった。なかでもハイライトは、3月の皇太子殿下、7月の眞子内親王殿下のご来伯だ。サンパウロ州地方部まで足を伸ばされた眞子さまは、各地で感動の渦を巻き起こした。110周年実行委員会も短期決戦 […]
  • 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」2018年12月18日 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」  なんと早い1年だったか――予想はしていたが、まさに「アッという間」だった。5月にはトラックストという未曽有の大混乱があり、日本進出企業や日系地場企業も大打撃を受けた。それ以降、6月にサッカーW杯ロシア大会、7月に眞子さまをお迎えして日本移民110周年祭、8月から選挙運 […]
  • 平成最後の天皇お誕生日祝賀会=ご夫妻の肖像画に向かい万歳三唱2018年12月6日 平成最後の天皇お誕生日祝賀会=ご夫妻の肖像画に向かい万歳三唱  今上天皇陛下としては最後となる『天皇お誕生日祝賀会』が5日午前9時、移民史料館9階にある若き日の両陛下を描いた肖像画の前で今年も開催され、約50人が参加した。文協、援協、県連、アリアンサ、熟連などが共催した。  日伯両国歌を文協合唱団の主導で唱和した後、呉屋春美文協 […]
  • 移民の父、上塚周平の半生描く=熊本市劇団、記念公演10月に2018年8月9日 移民の父、上塚周平の半生描く=熊本市劇団、記念公演10月に  プロミッソン上塚周平植民地百周年ならびにブラジル熊本県人会創立60周年の節目を祝して、熊本市の劇団夢桟敷(坂本真理代表)が来伯記念公演『万華鏡~百年物語』を今年10月に企画している。  前身である旧劇団笠戸丸が、本紙の高木ハウル社長の招聘で移民百周年の翌09年に来伯 […]