ホーム | 日系社会ニュース | 平成の名経営者はブラジル人=ーン氏がダントツ一位

平成の名経営者はブラジル人=ーン氏がダントツ一位

1月17日(土)

 〃昭和の名経営者〃といえば、「ソニー」を創った盛田昭夫氏、「ホンダ」の本田宗一郎氏、「松下電器」を育てた松下幸之助氏、「トヨタ」の豊田章一郎氏など、そうそうたるメンバーが並ぶ日本経済界。では〃平成の名経営者〃は?
 日本経済新聞の調査によれば、最も相応しいのはブラジル人だという。もちろん日産自動車のカルロス・ゴーン社長――。十四日付同紙によれば、主要企業トップや市場関係者、読者らを対象にアンケート調査を実施したところ、ゴーン氏が一位(九九九ポイント)に選ばれた。
 同紙は「バブル崩壊を経験した平成の時代は日本企業にとって、再生への苦闘の歴史だ。優勝劣敗、企業間の格差が鮮明になるなか、経営者の重みがかつてなく増した時期でもあった」と時代背景を分析、「ゴーン社長は明確な方針と目標を掲げ、破たんの瀬戸際にあった日産を短期間で立て直した。その統率力が幅広い層から支持を集めた」とその理由を報じた。
 ちなみに二位は「トヨタ」の奥田碩氏で八三〇ポイント、三位は「キャノン」の御手洗富士夫氏で八一八ポイントだった。

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《カルロス・ゴーン問題》長引く勾留にブラジルも疑問視か=ブラジル政府の尽力求める家族=日本の〃独特〃な捜査手法も紹介2018年12月22日 《カルロス・ゴーン問題》長引く勾留にブラジルも疑問視か=ブラジル政府の尽力求める家族=日本の〃独特〃な捜査手法も紹介  11月19日に金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の疑いで東京地検特捜部に逮捕された、日産自動車前会長のカルロス・ゴーン容疑者に関し、同氏への厳しい取調べ条件や、逮捕を繰り返し、勾留期間を延長する日本の検察の手法に、ブラジルでも疑問の声があがり始めていると、 […]
  • 東西南北2018年11月22日 東西南北  19日に日本で起こった、ルノー/日産自動車会長のカルロス・ゴーン氏逮捕は、ブラジル人ということもあり、ブラジルでも話題にはなっている。ただ、現地紙などの報道を見ていると、国内での日産自動車のシェアがそこまで上位でないこともあってか、その扱いは「日本で有名なブラジル人」というニ […]
  • 商議所部会長シンポ=トンネルの先に明るい光=どん底から回復基調へ=(上)=業種により厳しい状況続く2017年9月2日 商議所部会長シンポ=トンネルの先に明るい光=どん底から回復基調へ=(上)=業種により厳しい状況続く  ブラジル日本商工会議所(松永愛一郎会頭)は先月24日、「2017年下期業種別部会長シンポジューム」をサンパウロ市内ホテルで開催した。11部会の代表者から前期の振り返りと下期以降への展望が語られた。副題『回復途上のブラジル経済―いま打つべき戦略は』は、ブラジル経済が回復 […]
  • 《愛知県》デカセギ子弟が司法試験合格=母想い一念発起した照屋さん=ブラジル人初の合格者か?2017年4月26日 《愛知県》デカセギ子弟が司法試験合格=母想い一念発起した照屋さん=ブラジル人初の合格者か?  母子家庭のデカセギ子弟が日本の司法試験に合格!――2016年に行われた司法試験の合格率は22・95%。受験者は6899人、合格者は1583人という難関試験に合格した日系三世がいる。沖縄県系の照屋レナン・エイジさん(24、名古屋大学法科大学院卒)だ。ブラジル人初の日本の […]
  • コロニアが誇る、知られざる世界的日系人2016年10月7日 コロニアが誇る、知られざる世界的日系人  「ママイ、僕のことをジャーナリストに話すときに、絶対に苗字を言っちゃダメだよ」。県連ふるさと巡り旅行で偶然出会ったある二世女性から、息子にそう釘を刺されたと聞いて興味を持った。聞けば、彼女の息子はサンパウロ州立大学卒で、なんと世界有数の自動車メーカー「日産」の常務執行役員 […]