ホーム | 日系社会ニュース | ふれあいセミナー=「日本文化大好き」=各班リーダー語る

ふれあいセミナー=「日本文化大好き」=各班リーダー語る

1月21日(水)

 ブラジル日本語センター(谷広海理事長)主催の第五回日本語ふれあいセミナーが、二十日からサンパウロ市の北海道交流協会で開催されており、そのグループリーダー十人が佐藤吉洸同センター理事に伴われて来社した。
 同セミナーにはサンパウロ州、リオ州、ミナス州、マ州、南マ州など五州で日本語を学ぶ十二~十六歳の青少年が参加している。
 四歳から日本語学習を始めた伊藤正一くん(一六、サンパウロ市、三世)は「日本文化大好き。特に卓球、和太鼓、民謡」。四歳で親と共に訪日し、四年余り滞在した勲夫バストスくん(一六、サンパウロ市)は「英語、スペイン語は珍しくない。日本語ができるというと学校の友達から珍しがられるので勉強するのが楽しい」と流暢な発音。漫画が好きで、自宅には五十冊以上。
 橋本浩司くん(一六、タボン、三世)は「アニメが大好き。特にエヴァンゲリオンのミサトのファン」と語った。日本の若者音楽が大好きな狩野清美さん(一六、サンベルナルド、三世)は「姉が日本に住んでいて、新しい流行曲をいつも送ってくれる」という。
 四文字熟語が好きな大島留美さん(一四、ミナス州カンブイ市、二世)は「母と一緒に宝塚のビデオ、ベルバラとかよく見ます」。ビデオゲームのプレイステーションが趣味の水馬光太くん(一六、バストス)は、日本に住む姉から新作ゲームを送ってもらうのが楽しみだそう。
 おばあちゃんから自然に日本語を習ったという河戸保宜さん(一六、サンパウロ市)は、昨年ボーイスカウト隊の代表としてタイ国を訪れ、日本代表と日本語で話したことが印象的だったそう。「志村けん」のファンを自認する牧山誠二くん(一六、タボン、二世)は「毎週欠かさずビデオで見てます」という。服部おさむくん(一六、サンパウロ市)も「志村けんの〃アイーン〃が最高」だそう。松田明子さん(一六、サンパウロ市、二世)は「お母さんが作るカレー、納豆、シチューが大好き」とか。
 一行は二十三日まで様々な日程をこなす。

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 漫画の学術セミナー初開催=研究対象としての多角的に分析=明大・小林副学長「先進的な例」2018年8月8日 漫画の学術セミナー初開催=研究対象としての多角的に分析=明大・小林副学長「先進的な例」  サンパウロ市のリオブランコ大学は7月21日に「漫画―歴史、様式、社会的役割―」と題したセミナーを開催し、同学や市内の他大学の教授らが講演を行った。セミナーを後援した明治大学からは小林正美副学長が来伯。小林副学長に漫画の文化としての側面や、同セミナーの意義を取材した。 […]
  • 近年最多の盛況見せる=文協春の古本市2016年11月22日 近年最多の盛況見せる=文協春の古本市  文協図書委員会(川原崎隆一郎委員長)が6日、恒例の『春の古本市』を文協ビル展示室で開催した。ボランティアと委員会メンバー約45人が協力し、日本語の文学書や雑誌、漫画、辞書や専門書など約1万冊を2~10レという格安価格で販売した。  開場する午前9時前からすでに4、50人 […]
  • 新宿日本語学校の江副校長=日語教育用の新アプリ紹介2016年9月2日 新宿日本語学校の江副校長=日語教育用の新アプリ紹介  7月15~17日に行われた「第59回日本語教師研修会」で講師を務めた新宿日本語学校江副隆秀校長(65、東京)が7月19日、同学校のポ語担当ルイス・ロベルト・マルチネス先生(34)と共に来社し、自身が取り組んでいる日本語教育方を語った。  「これ、見てくださいよ」と身を乗 […]
  • 日本語学習の効果?=躾も身に付いたロレンゾ君2016年1月30日 日本語学習の効果?=躾も身に付いたロレンゾ君  子供に早期外国語教育を施したい両親にとり、サンパウロ市は様々な選択肢のある街だ。日本語、スウェーデン語、オランダ語までも学ぶ事ができる。 サンパウロ市中央にあり、幼稚園から高校までの一貫教育を行っているサンベント校は、児童、生徒の2割が中華系であるため、外国人の生徒のためのポ […]
  • 日本語勉強のキーワード=「競争」&「ブーム」2016年1月30日 日本語勉強のキーワード=「競争」&「ブーム」  「かるたは日本語学習にも有効です!」。先日の講習会に来伯した専門家がそうアピールした。「百人一首は、ひらがなさえ読めれば誰でもできるから」というのが理由らしい。 とは言っても和歌は古文。内容を理解するのは難しい。一見敷居が高そうだが、セミナーを取材して少し納得した。字面で文字 […]