こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2016年3月16日 東西南北  ここに来て現実味を増して話題を呼んでいる、ルーラ前大統領の閣僚入りの噂。その目的が、「国のため」ではなく「逮捕を避けるため」というのは、国民の心情を考慮したとは到底思えない行為だ。とりわけ13日に、ブラジル史上に残る最大規模の反政府デモを受けた直後であることを考えれば、実現の […]
  • 東西南北2015年6月24日 東西南北  22日、ジウマ大統領は大統領官邸で、週末に流れた「自殺未遂を行ない入院した」というネットの噂を否定した。家庭農支援プランの発表後、「1分しか話せない」と前置きの上で、取材陣に「私が入院したという噂が流れているけど、そんな姿見た?」と質問した。経済指数悪化やルーラ氏との関係 […]
  • 積極外交のジウマ大統領=次の目的地はメルコスル=年内に8カ国の訪問を予定2011年4月28日 積極外交のジウマ大統領=次の目的地はメルコスル=年内に8カ国の訪問を予定 ニッケイ新聞 2011年4月28日付け […]
  • 東西南北2011年1月29日 東西南北 ニッケイ新聞 2011年1月29日付け […]
  • 日本移民の日 特集=サッカーW杯とナショナリズム=ブラジルの歴史探訪=なぜ国技になったのか2010年6月26日 日本移民の日 特集=サッカーW杯とナショナリズム=ブラジルの歴史探訪=なぜ国技になったのか ニッケイ新聞 2010年6月26日付け  「ブラジル人はW杯の時だけ愛国者だが、ドイツ人はサッカーでしか愛国心を公にできない」という有名な言葉がある。これはサッカーとナショナリズム(国粋主義)の緊密な関係を端的に示した言葉だ。その意味で、日本の日本人はドイツ人に近いが、日 […]