ホーム | 日系社会ニュース | 着物ショーを披露=姉妹都市・岐阜から使節団=カンピーナス

着物ショーを披露=姉妹都市・岐阜から使節団=カンピーナス

7月14日(水)

  今年市制二百三十年を迎えるカンピーナス市と姉妹都市提携を結ぶ岐阜市から、文化使節団として装賀きもの学院(安田多賀子院長)一行十六人が十一日に来伯し、岐阜県人会を表敬訪問した。
 一行は十四日正午から同市の共生センターで、過去・現在・未来をテーマに様々な着物を紹介する「きものショー」を披露する。
 最初は、約一千年前に紫式部が書き下ろした「源氏物語」をベースに、光源氏と朧月夜(おぼろづきよ)の君との恋を、当時の着物を再現しながらあでやかに舞う。また、現在も宮中で使われている高貴な衣裳「十二単衣紋」の着付けを見せるものや、簡単・簡素で軽い和洋折衷の近未来のきもの、外国人にも似合う柄などの〃着物絵巻〃が約四十五分間にわたって繰り広げられる。
 安田院長は県人会役員ら九人を前に、「日本人である誇りを持って、世界のみなさんに接していくことが大事だと思っています。失われつつある日本らしさを着物を通じて伝達していければ」と語り、次々に自己紹介した。
 同行する片山佳奈子さん=岐阜市在住=は、「外資系企業に就職して一年間の米国暮しを経て、日本文化の大切さに初めて気付いた」と、きもの学院で学び始めた動機を述べた。中には、同日晩に親戚の移住者に面会する同行者も。
 同学院は岐阜、愛知、三重三県を中心に、日本全国に約六百人の講師を持つ。安田院長は十二単を持って、すでに北米、中国、フランス、イタリアなど十数カ国でショーを実施している。今回は姉妹都市提携の関係から、岐阜市国際交流室などからの依頼で訪伯することになった。同きものショーの問い合わせは県人会(11・3209・8073)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■訃報■田村昭一さん2019年1月8日 ■訃報■田村昭一さん  イタチーバ日伯文化協会で会長職を歴任してきた田村昭一さんが、先月26日午前、アチバイア市内病院で老衰により亡くなった。享年90。  1928年3月15日、高知県土佐市生まれ。34年に家族とともに渡伯した。サンパウロ市近郊のモーロ・グランデに入植し、じゃがいも栽培を学 […]
  • ホーロー鍋からピラルクーへ、頼もしい60歳2018年11月6日 ホーロー鍋からピラルクーへ、頼もしい60歳  ビニールハウスのような養殖場に入ると、一瞬息が詰まるぐらいムッとし、眼鏡とカメラのレンズが曇った。きけば内部温度は37度以上に保たれているという。  ここは江尻龍之介さん(60、愛知県)が経営するピラルクー養殖場だ。サンパウロ市から南西に127キロのミラカツー市にあ […]
  • 三重県人会、三つの節目祝う=創立75周年、移住105周年など=母県から海外功労者、感謝状も2018年10月30日 三重県人会、三つの節目祝う=創立75周年、移住105周年など=母県から海外功労者、感謝状も  三重県人会(下川孝会長)が27日、県人移住105周年、県人文化援護協会創立75周年、三重県・サンパウロ州姉妹都市提携45周年の節目を迎え、記念式典を開催した。式典には約170人の県人会関係者らが集まり、3つの節目を祝った。また母県から海外功労者賞に3人が選ばれ、海外在 […]
  • レジストロ=中津川姉妹都市38周年=友好の絆深め再会誓う=杉本会長「20年は岐阜へ」2018年10月27日 レジストロ=中津川姉妹都市38周年=友好の絆深め再会誓う=杉本会長「20年は岐阜へ」  レジストロ中津川姉妹都市協会(高橋邦彦会長)が主催する姉妹都市提携38周年、レジストロ日本人入植105周年、日本移民110周年を祝う式典が20日晩、レジストロ文協会館で行われ、約130人が盛大にお祝いした。首都からはサムエル・モレイラ連邦下議、岐阜県中津川市から青山節 […]
  • ■今週末の催し2018年10月25日 ■今週末の催し  27日(土曜日)  名画友の会映画鑑賞会、昼12時半、熟連(Rua Dr. Siqueira Campos, 134, Liberdade)      ◎  郡星第4号合評会、午後2時、ブラジル沖縄県人会2階会議室(Rua Tomas de Lima, 72, […]