ホーム | 日系社会ニュース | ヒトマチ点描=勤務に性差なし

ヒトマチ点描=勤務に性差なし

7月20日(火)

  海上自衛隊練習艦「かしま」の乗員で、宮城県出身の天野小百合・訓練幕僚補佐2尉(27)が17日、宮城県人会主催の歓迎会に参加した。登米郡中田町の出身。海上自衛隊に5年、遠洋航海は昨年のオセアニア航海に次いで2回目だ。
 防衛大学を卒業した。同期400人のうち、女性はわずか30人だった。「とにかく海が大好きだったのが入学の動機」という。「女性は戦車や戦闘機には乗れませんが、海上自衛隊ではいろいろな船に乗れるし、各国を訪問できるのも魅力ですね」。今航海では司令部に所属。戦闘・火災訓練を通して初級幹部の指導に当たり、各国海軍との親善訓練も担当している。
 先の寄港地アルゼンチンでは日本人移住者との交流が思い出だ。「地に足をつけて生活している。パワーを感じました。日本人の血が流れていることに誇りを持った2世や3世が多いのには感激しました」。
 ブラジルの移住者の印象は? 「同じ日本人でもブラジルの1世は朗らかで、よく笑いますね。いま知り合ったばかりの人とは思えません」。    (総)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大城バネサ=歌手生活15周年で南米公演=充実した1年を振り返る=「もっと『長良川悲恋』歌いたい」2019年2月5日 大城バネサ=歌手生活15周年で南米公演=充実した1年を振り返る=「もっと『長良川悲恋』歌いたい」  【岐阜県羽島発】アルゼンチン出身の日系歌手、大城バネサさん(37)が昨年、日本デビュー15周年を迎えた。現在、活動拠点としている岐阜県羽島市で1月17日に取材に応じ、南米3カ国公演や新曲発売など充実の1年を振り返った。  大城さんは亜国ブエノス・アイレス出身で、一世 […]
  • 外間グースさん、単独公演4日に2018年10月25日 外間グースさん、単独公演4日に  アルゼンチン沖縄県系三世の外間グースさんによる単独公演「ライブ・イン・ブラジル」が、来月4日午後7時半から、市内のUMC劇場(Av. Imperatriz Leopoldina, […]
  • 大耳小耳2018年9月21日 大耳小耳  日本力行会(在東京都)の会報『力行世界』1079号が8月に刊行された。それには平成30年春の叙勲で、力行会アルゼンチン支部長の山口義男さんが「旭日単光章」を受賞したことが写真入で報じられていた。1956年にブラジル軍艦で当地に移住後、58年に力行会の仲間数人とアルゼンチンへ転 […]
  • 一 特別座談会=四世ビザはどうあるべきか?=日伯交流の将来担う人材育成の枠組みとして=(11・終り)2018年9月1日 一 特別座談会=四世ビザはどうあるべきか?=日伯交流の将来担う人材育成の枠組みとして=(11・終り) 【深沢】わかります。僕らみたいな邦字紙が、今ブラジルではこういうことが決まりました、こういうときはこういう風にしてくださいという情報を日本語で流して、ブラジルで生活していくうえで摩擦が起きないような役割をしてきたと思うんですよね。  日本のコミュニティにもそういうメデ […]
  • 岩手地酒「南部美人」=来年からブラジル向け特別生産=南米で販路拡大目指す2018年9月1日 岩手地酒「南部美人」=来年からブラジル向け特別生産=南米で販路拡大目指す  岩手の地酒・南部美人は2004年に一升瓶30本の輸出で始まったが、今や世界21カ国に年間数千本を卸している。今月26日に開催された岩手県人会創立60周年記念式典に出席した五代目蔵元・久慈浩介さんに、南米での販路拡大計画や、ブラジル向けに受注した日本酒造りなど、普及にか […]