ホーム | 日系社会ニュース | 一本の棒で感動生む競技=バトントワリングブラジル代表の簾田監督に聞く=大阪・世界大会に出場へ

一本の棒で感動生む競技=バトントワリングブラジル代表の簾田監督に聞く=大阪・世界大会に出場へ

7月21日(水)

  八月六日から八日まで大阪市中央体育館で開催される第二十五回世界バトントワリング選手権大会にブラジル代表チームも参加する。ブラジルチームは九九年に世界バトントワリング連合に加盟、〇二年にソロ・ペアで世界選手権大会に初参加を果たしたばかり。団体出場はこれが初めてとなる。代表監督の簾田武志さん(26、みすだ・たけし)に大会にかける思いを聞いた。

 「一本の棒で人に感動を与えるのは難しい事です。でも、それを可能にするのがバトンです」と簾田さんはその魅力を語る。
 バトントワリングは、アメリカで発祥、カナダ、欧州、日本の順に普及していった。ブラジルに導入されたのはここ数年のこと。そのため、知名度が低くスポンサーもついていないなど、代表チームの環境は決して恵まれているとは言えない状況だ。
 「〇一年に指導者として来たときは小学生レベルでした」と簾田さん。「でも、三年間でここまでできるんだぞ、というのを見せつけ世界を驚かせたい」。
 簾田さんはブラジル生まれ。生後八カ月で日本に帰り、二歳から愛知県一宮市でバトンを習い始めた。名門PL学園で中学、高校と鍛えられ、世界選手権大会で二度銅メダルを獲得。早稲田大学教育学部に入学してからは、九七、九八年の二年連続で金メダルを獲得したトップ選手。大学卒業と同時に生まれ故郷に戻ってきた。
 ブラジルで育てた選手を自国日本へ送る―。これは、「コーチへの恩返しでもあります」。毎日厳しい練習が続いた中学、高校では「うまくできるまで飯は食わさん」とコーチの怒声が体育館に響き渡った。
 「でも、これで自分に厳しくするのを覚えることが出来た。教え子が、選手を連れて帰ってくればコーチも嬉しいはずです」
 ブラジル行きの話が持ちかけられた時、簾田さんはすでに大手企業への就職が決まっていたという。しかし、バトントワリングへの情熱が捨て切れず、愛知県に住む両親に相談したところ「行きなさい」と背中を押してくれた。
 ブラジル代表チームは十四歳から十八歳までの十二人。「世界でも、平均年齢がかなり若い方」だ。ハツラツとした演技で入賞に期待がかかる。
 「でも、結果は、結果として神様のプレゼントと思って受け止めますよ。それよりも選手たちがいろいろなものを見て、聞いて、学んでくれたら嬉しいです」。日本では日本の代表チームとの交流や、劇団四季のミュージカルを鑑賞する予定も組んでいる。
 簾田さんのいまの願いは、バトントワリングの存在をもっと有名にしていくことだ。
 「オリンピック競技にでもなれば、子供たちは出場を目指す。それは、夢を与えることになる」。
 大会決勝のチケットはもう既に完売。代表団は、きょう二十一日日本へ向け出発し、八月十八日に帰国する。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジルサッカー》U20選手権で絶体絶命=2分2敗でU20W杯出場は風前の灯2019年2月9日 《ブラジルサッカー》U20選手権で絶体絶命=2分2敗でU20W杯出場は風前の灯  チリで行われているサッカーU20南米選手権の最終ラウンド第4節で、ブラジル代表は7日のエクアドル戦に0対0で引き分け、最終ラウンド2分2敗の勝ち点2で最下位となり、上位4位までに与えられるU20W杯(5―6月、ポーランド開催)の出場権獲得が極めて厳しくなった。  同 […]
  • 東西南北2019年2月6日 東西南北  サンパウロ市は1月に大雨により記録的な倒木が記録されたと報じたばかりだが、今月初の大雨を記録した4日未明から午前にかけて、ほんの数時間だけで市内で32本の倒木を記録した。また、今回の雨はサンパウロ州のほかの地域にも強い影響が及び、サントスなど海岸部では、今回の雨だけで2月に見 […]
  • 《サッカー》U20南米選手権=ブラジル代表、ベネズエラに破れる2019年2月5日 《サッカー》U20南米選手権=ブラジル代表、ベネズエラに破れる  チリで開かれている、サッカーのU20南米選手権で、6カ国による最終ラウンドに進出しているブラジルは、ベネズエラに0対2で敗れ最下位に転落。上位4位までに与えられる、U20W杯(5―6月、ポーランド開催)出場権獲得に黄色信号が灯った。  南米サッカー連盟所属10カ国が […]
  • 東西南北2019年1月31日 東西南北  30日付フォーリャ紙によると、ボルソナロ政権内で、ボルソナロ大統領が不在中にアミウトン・モウロン副大統領が代行をつとめたときに行った言動に対し、批判があがっているという。中でも、ボルソナロ家の息子のひとりは、「モウロン氏は大統領になる準備をしている」と2人の人物にもらしたとか […]
  • 目指せ東京五輪=11歳のブラジル人少女=スケートボード、パークでの出場目指す2019年1月29日 目指せ東京五輪=11歳のブラジル人少女=スケートボード、パークでの出場目指す  サンパウロ州リベイロン・ピーレス市のヴィクトリア・バッシちゃん(11)が、スケートボートのブラジル代表候補21人の一人に選ばれた。  スケートボード競技には、街にあるような、階段や手摺り、ベンチや坂道を直線的に配置したコースで行われる「ストリート」と、深いお椀をいく […]