ホーム | 日系社会ニュース | 新しい花形伝えに=池坊の松永講師が来伯

新しい花形伝えに=池坊の松永講師が来伯

新しい花形伝えに=池坊の松永講師が来伯

9月15日(水)

 新しい花形伝えに――。「池坊四支部合同講習会」で講師を務める華道家元池坊特別派遣教授の松永滋さんが十三日着聖した。
 ブラジルの池坊四支部(南米、ラテン、ブラジル、パラナ)では「日本に遅れをとらないよう、新しい様式の違いを教えてもらいたい」と考えており、今回の講習会に結びついた。日本から講師を招いた講習会は、約二十年間毎年開催されているという。
 平成十年、家元は新様式・立花新風体を発表。二、三年のうちに世界各地に広まったが、日本国内でも受け入れに戸惑っている人は多い。
 松永教授は、ブエノスアイレス支部での四日間の講習会・デモンストレーションを終えて来た。講習会を終えた十六日には成田に向けて出発する過密なスケジュールだ。
 グローバル化に伴って、華道の世界でも世界各地の花や文化が混ざりあうようになった。「時代の中で生まれた新しい花形を伝えると同時に、生け花全般がもつ本来の精神的なものもうまく伝えられたら」と語った。
 松永教授は一九四四年生まれ。六三年に池坊入門。八三年池坊中央研修学院特別科卒業、八七年池坊中央研修学院総合特別科古典立花研究室卒業。九〇年から〇三年まで台湾講習会のため十五回台湾へ足を運んでいるほか、米国、カナダ、バンコク、シンガポール、韓国、フィリピンなど世界各地で講習会・デモンストレーションを行なっている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム 樹海2013年10月29日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2013年10月29日  県連日本祭りの会場問題がまた持ち上がっている。世界最大級の地元開催による日本をテーマにした祭りだけに、このまま消滅してしまうのは誠に惜しい。もちろん県連関係者にこそ、その想いが強いだろう。来年はサッカーW杯と重なる時期だけに、日本からの来 […]
  • 刊行物「椰子樹」348号2011年4月16日 刊行物「椰子樹」348号 ニッケイ新聞 2011年4月16日付け  短歌誌「椰子樹」第348号(2011年3月号)が発行された。 […]
  • コラム オーリャ!2005年3月3日 コラム オーリャ!  〈毎日山歌を歌って喉を潤し、眠るときは歌を枕にする。三食は歌をおかずの代わりに、悩んでいたら歌で愁いをなくす〉  中国南部の山奥に行くと、「客家山歌」が四方から聞こえてくるという。 […]
  • ブラジル金融界=GDPの予想を上方修正=マイナス5%台を下回る=インフレは3%に近づく2020年10月27日 ブラジル金融界=GDPの予想を上方修正=マイナス5%台を下回る=インフレは3%に近づく  中銀が26日に発表した経済動向調査「フォーカス」によると、今年の国内総生産(GDP)予想成長率は先週比で0・19%ポイント改善したマイナス4・81%。新型コロナウイルスのパンデミック宣言後、初めてマイナス5%台を割ったと同日付現地サイトが報じた。  新型コロナウイル […]
  • 池坊ブラジル支部=令和最初の初生け=3日間で400人が来場=「平成の終わりと令和の始まり」2020年1月17日 池坊ブラジル支部=令和最初の初生け=3日間で400人が来場=「平成の終わりと令和の始まり」  華道家元池坊華道会ブラジル支部(河村徳子支部長)による「第1回令和時代の初生け」が、11、12両日にサンパウロ市リベルダーデ区のニッケイパラセホテルで行われ、約400人が訪れた。10日夜には、来賓を招いて開会式が開催され、約120人が来場。令和最初の初生けで、会場は華 […]