ホーム | コラム | オーリャ! | コラム オーリャ!

コラム オーリャ!

  「全体の奉仕者」、「公共の福祉」を根拠に、公務員や公共企業体職員の争議権は一律全面的に禁止されている。学生時代、公務員の身分について嫌というほど聞かされた内容だ。
 この〃常識〃が、ブラジルにきて覆えされた。警察官や地下鉄職員などが、ストライキに入るからだ。サンパウロ州裁判所職員のストは二十七日に終わったばかり。九十一日間という最長記録も付いた。
 もっとも日本でも、公務員は本質的には労働者だから、争議権を保障すべきという学説も有力。それが世界的な潮流でもある。ブラジルは、先進国なのかもしれない。
 裁判所職員ストで、千二百万件の訴訟書類は放置、四十五万件の公判は中止、百二十万件の新規訴訟は放棄状態にあった。社会に与えた影響は計り知れない。 (古)

04/09/30

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 高齢者の53%が「まだセックス」=ブラジル人の性生活調査結果2017年11月28日 高齢者の53%が「まだセックス」=ブラジル人の性生活調査結果  「60歳を超えても、国民の53%が性生活を楽しんでいる」―。先頃、ブラジル国内で行われた世論調査で、高齢者になった後でのブラジル人の性生活の実態が明らかになっている。  調査団体ダッタフォーリャが全国の16歳以上の人、2732人を対象に行った性生活に関する最新調査によると、 […]
  • 大耳小耳2012年5月29日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2012年5月29日付け […]
  • ブラジル航空産業=需要減速ペース落ち着く=年初の悲観予測、若干修正へ2016年10月22日 ブラジル航空産業=需要減速ペース落ち着く=年初の悲観予測、若干修正へ  ブラジル航空会社協会(Abear)が20日に発表したデータによると、9月のブラジル国内航空便の需要は、昨年同月比で4・4%減少したと、20日付アジェンシア・ブラジルが報じた。  9月の国内便利用者数は延べ700万人だった。今年1月からの総計は6540万人で、昨年の同じ期間と […]
  • 大耳小耳2006年8月12日 大耳小耳 2006年8月12日付け […]
  • コラム オーリャ!2003年2月4日 コラム オーリャ! 儀式や教義は異なるが、日本の「真言密教」に通じる面がある、と書いているのを見た。何かといえば、カンノンブレのことだ。いつだか、阿含宗の護摩法要が伯字紙に大きく取り上げられたのも、この辺の理由からだろう。 […]