ホーム | 文芸 | 刊行 | 刊行物

刊行物

12月21日(火)

 俳誌『親睦』十二月号が発行された。扉「一句集」(第四百三十八号)から「押し車影も荷となる春の泥」(アサノ)、「選句と感想」から栗原三峰選「春の泥尼様少しすそあげて」(美恵)、三峰感想「行儀のよい尼様が困った様子を、よくも写したもの、よくも眼にとめたもの!」、ほか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》県連故郷巡り=「承前啓後」 ポルト・ヴェーリョとパウマス=(12)=アルゼンチン日系二世が文協会長2017年4月20日 《ブラジル》県連故郷巡り=「承前啓後」 ポルト・ヴェーリョとパウマス=(12)=アルゼンチン日系二世が文協会長  ロンドニア日伯文化協会の会長は、なんとアルゼンチンのブエノスアイレス生まれの日系人、玉田マリエラさん(49、二世)だ。戦後移民の娘らしく、日本語が達者で、日本研修中にブラジル日系三世(サンパウロ州トゥッパン出身)の夫と知り合い結婚した。  一時はサンパウロ市タトゥアペに […]
  • 東西南北2019年11月12日 東西南北  ルーラ氏の釈放がブラジル中の話題をさらった週末。トフォリ最高裁長官やモロ法相の意向を受けた連邦議会では、ラヴァ・ジャット派議員中心に、「2審有罪で刑執行」の憲法補足法案の審議を急ごうとしている。だが、11日付のヴェージャ紙サイトによると、最高裁での審理後の同件に関するツイート […]
  • 東西南北2006年10月19日 東西南北 2006年10月19日付け  カサブサンパウロ市長は十五日、ノーヴァ・テレーザ区の式典で卵を投げつけられ、卵はカメラマンに当たった。十六日はヴィラ・マチウデ区の小学校を訪問。その時市長のズボンの股ぐらが破けて、赤いスポーツカーがチラチラと見えていた。 […]
  • インジオ、連警4人を拉致=保護区内の違法米作に抗議=ロライマ州2005年4月26日 インジオ、連警4人を拉致=保護区内の違法米作に抗議=ロライマ州 4月26日(火)  【エスタード・デ・サンパウロ紙二十五日】ロライマ州のインジオ保護区で連警四人がインジオに拉致され人質になっていることから、連警は救出部隊七十三人を現地に派遣した。 […]
  • 大耳小耳2007年2月10日 大耳小耳 2007年2月10日付け […]