ホーム | 日系社会ニュース | パラナ詩吟祭り=文連、積極的な開催

パラナ詩吟祭り=文連、積極的な開催

1月4日(火)

 [ロンドリーナ]第三回パラナ詩吟祭りが、去る十二月十二日午後一時から、パラナ日伯文化連合会会館で開催された。同連合会(上口誠一会長)主催、パラナ詩吟・民謡各団体後援だった。およそ七十人が参加、日頃の研鑽の成果を披露した。
 参加団体は、アセマ民謡部、ロンドリーナ霜風会、ロンドリーナ心豊会、ロンドリーナ民謡声峰会、ロンドリーナ芳月会など。プログラムは、独吟、民謡、民謡詩吟合わせて五十六を数えた。
 「詩吟は低調の傾向」という声が一部にあるのを意識して、上口会長は「来年も、この大会を続けていくつもりだ。詩吟や民謡を続けていく人がいるかぎり、これからは、若い人たちに着目し、普及教室を開いていくなどして、日本の伝統文化を残していく努力して行きたい」と述べた。(中川芳則通信員)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 文協大総合美術展が開幕=豊田氏「作品のレベル上がった」=17日まで2010年10月6日 文協大総合美術展が開幕=豊田氏「作品のレベル上がった」=17日まで ニッケイ新聞 2010年10月6日付け  ブラジル日本文化福祉協会美術委員会(小田エルザ委員長)による文協大総合美術展の開会式、授賞式が2日午後、文協ビル大講堂で開催され、約1000人が2週間にわたる展覧会の開催を祝った。 […]
  • 秦野生同窓会、3日=神山夫妻迎え2015年6月18日 秦野生同窓会、3日=神山夫妻迎え  「秦野生同窓会」が来月3日に文協5階県連講堂(Rua São Joaquim, 381, sala 51, 5º […]
  • 東西南北2013年7月31日 東西南北 ニッケイ新聞 2013年7月31日  冬休みが明け、サンパウロ市の市立学校では先週から授業が始まったが、多くの学校でまだ冬の制服が届けられていないという。30日付のアゴラ紙によると、29日までに調査した15の市立校のうち11校で上着やズボンなどの冬服が届いておらず、靴や靴下、文 […]
  • セミナー、通商再開=兵庫県と神戸=もっとブラジルと緊密に2005年8月13日 セミナー、通商再開=兵庫県と神戸=もっとブラジルと緊密に 2005年8月13日(土) […]
  • 東西南北2011年5月7日 東西南北 ニッケイ新聞 2011年5月7日付け […]