ホーム | 日系社会ニュース | 「移民のつらさ伝える」=NHK「ハルとナツ」収録と会見=森光子さん

「移民のつらさ伝える」=NHK「ハルとナツ」収録と会見=森光子さん

1月14日(金)

 NHK放送開始八十周年記念ドラマ「ハルとナツ」(今秋五夜連続放送)に出演する森光子さん(84)が十日、東京都内で第一話の収録と会見を行なった。 ブラジル移民の高倉ハル(米倉涼子)の晩年を演じる森さんは「移民が味わったつらさ、悲しさをこのドラマで多くの人に伝えたい」と話した。十一日付日刊スポーツが報じている。
 同紙によると、森さんは一九七八年に「3時のあなた」(フジテレビ)収録で来伯しているという。
 また、ドラマでハルの孫、日系三世の大和を演じる今井翼さん(23)も同席し、「森光子さん演じるハルの孫の大和を演じさせていただく今井翼です」と覚えたてのポルトガル語であいさつしたという。

image_print

こちらの記事もどうぞ