ホーム | 日系社会ニュース | 新年行事「初煎会」=ブラジル灯楽会、会主迎えて

新年行事「初煎会」=ブラジル灯楽会、会主迎えて

1月18日(火)

 「仲よく、楽しく、おいしく」煎茶をいただくことをモットーに活動している煎茶道静風流(海野俊堂家元)・ブラジル灯楽会(石本光暁会主)が、二十三日午後一時半より大阪なにわ会館で、新年行事「初煎会」を開催。「煎茶席」と「冷煎席」の二席でもてなす。日本からすでに石本会主が着伯ずみ、初煎会を指導する。
 参加無料。「どなたにでも気軽に、一度試していただきたい。ぜひ御出でください」と呼び掛けている。会場は、Rua Domingos de Morais,1581 – Vila Mariana。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • シネコン=同一作品の上映に制限=独立系作品の公開に光明2014年12月23日 シネコン=同一作品の上映に制限=独立系作品の公開に光明  ブラジル国内の映画館では外国産の超ヒット作品を集中的に上映する傾向があるが、人気映画を前面に押し出して上映するスタイルに「待った」がかかった。 国家映画庁(Ancine)が17日、一つの映画館に同じ映画をかけるのをホール数の最大35%までに限定する事を決めたのだ。 201 […]
  • 東西南北2018年7月26日 東西南北  「ドクター美尻」ことデニス・セーザル・バロス・フルタード容疑者の起こした事件以来、美容整形での死亡事件が注目を集めている。その現場となったリオ市とその周辺ではその後、新たに2件、美容整形での犠牲者と思しき例が確認されている。ひとりは41歳の女性で20日にニテロイ市で死亡。執刀 […]
  • 「ある日曜日」(Um Dia de Domingo)=エマヌエル賛徒(Emanuel Santo)=(10)2016年2月18日 「ある日曜日」(Um Dia de Domingo)=エマヌエル賛徒(Emanuel Santo)=(10) 「サンパウロでアナが住んでいたマンションのサーラ(居間)の方が、このアパートより広いね」 そのアパートは狭いだけではなかった。畳はささくれ立っている上に、カーテンのない窓から差し込む直射日光を受けて変色している。壁は薄汚く、台所のコンロと換気扇には油と埃がこびり付いている。玄関 […]
  • 大耳小耳2013年8月31日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2013年8月16日  大通り沿いで駐車場も広い、ジャカレイ文協会館と日語学校。「こんな交通の便がいい所ないよ」と同文協の役員も鼻高々だ。しかし、もとの敷地はブルドーザーも沈んでしまう、ガマ蛙の繁殖する湿地だったとか。土砂の採掘場も粘土質のため、ヅットラ街道建設時 […]
  • 《ブラジル》汚職文化は政治家だけか?2017年4月21日 《ブラジル》汚職文化は政治家だけか?  改心した悪党が真情を吐露した言葉には、妙な説得力がある――。オデブレヒト社(以下O社)のエミリオ前社長が怒涛の暴露をする司法取引証言の映像を見ながら、メンサロンを最初に内部告発したPTB党首ロベルト・ジェフェルソン氏に近いものを感じた▼前々回の樹海コラムで、エミリオ氏 […]