ホーム | 連載 | 2005年 | 高い関心、批判も続出=百周年事業案日本語説明会 | 高い関心、批判も続出=百周年事業案日本語説明会=連載(4)=移民ビデオ制作へ

高い関心、批判も続出=百周年事業案日本語説明会=連載(4)=移民ビデオ制作へ

3月18日(金)

 「コロニアは割れてはいけない」。そう下本八郎元州議は強調した。
 「百年祭は全伯の日系の人々のもの。委員のみなさんが何人かで決めていくのは無理があると思う。それではコロニア全体のコンセンサスが得られない。コロニアで割れてはいけない。今の文協執行部に対抗シャッパが出るのは残念なこと。上原さんは立派な方だが、百年祭にはコンセンサスが得られていない」と箴言した。
 さらに「割れるぐらいなら、地鎮祭を百年祭の時にやった方がいい。それまでに十分話し合って、これでいいという計画にした方がいい。ジレトリアの方はもっと心を大きくして、みんなの意見を聞いた方がいい」と語った。
 続いて、ブラジル日本商工会議所理事の赤嶺尚由氏は「今さっき、野村丈吾元連邦下院議員から、文協のすぐ隣の陸軍兵舎の建物を買収できる可能性が改めて出てきたとの発言がありましたが、それを非常に重く受け止め、基本的に賛成したい」と賛同の意志を明らかにした。
 「これまで出ている日伯総合センター建設案は、日系人一般に極めて便利なリベルダーデ界隈を離陸して、二十年、三十年後のことを考え、ヴィラ・レオポルジーナ方面に新しい着地点を見出そうとしているが、今健在でいる一世や二世のお年寄りの利便性を考えずして、何で将来を見つめようとするのか。今までの総合センター建設案が本当に日系社会の身の丈、実力に合ったものかどうか、野村さんや下元八郎さんが言うように、これからでも議論を活発にし、万機公論に決する形で、コンセンサスを出してほしいと思う」との考えを述べた。
 赤嶺氏からコメントを求められた上原理事長は、「僕は五十一年間USPで教えています。六千人から七千人の学生を指導し、ブラジル代表としてユネスコの会議にも行きました」と、いつものように経歴を自己紹介した。
 「しかし、このような行いはAでも、会長としてはBのようです。会長のポジションは難しい。私は役に立たない会長です。でも、会長にさせられた以上、二~三年、一生懸命やろうと毎日言い聞かせています」との心中を述懐した。
 「百四十万人の日系人がいますが、全員の意見を聞くのは無理だと思う。できる範囲で聞くようにしています。僕たちのドアはいつでも開いています。僕は七人の副会長と二十何人の理事、さらに委員会、みんなの意見を聞いています。みんなが右へ行きたいなら右に行きます。自分のために来ているわけではありません。僕は二年間文協で、毎日八時間以上仕事していますよ」と訴えた。
 次は山里アウグスト氏が個人的百周年として毎日小説を執筆していると語り、「日本には素晴らしい心があることを、大半の人は無視している。百年祭にこの心がブラジルに残っていると知らせたい。そういう言葉が聞けると思ってきたが、建物の話ばかりで残念に思います」と述べた。
 それに対し、吉岡黎明プロジェクト委員長は、実は「百周年遠征隊」計画という高齢者の証言をビデオで保存して回る記録事業を実施するために、「全伯の四百五十日系団体に協力要請状を近日中に送ります。移民の高齢者、ブラジルで苦労した年寄りの経験をなるべく残していく考えです」と答えた。  (つづく)

■高い関心、批判も続出=百周年事業案日本語説明会=連載(1)=総意固め、再び頓挫

■高い関心、批判も続出=百周年事業案日本語説明会=連載(2)=資金調達案も発表

■高い関心、批判も続出=百周年事業案日本語説明会=連載(3)=文協脇の買収案も

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジルサッカー》U20選手権で絶体絶命=2分2敗でU20W杯出場は風前の灯2019年2月9日 《ブラジルサッカー》U20選手権で絶体絶命=2分2敗でU20W杯出場は風前の灯  チリで行われているサッカーU20南米選手権の最終ラウンド第4節で、ブラジル代表は7日のエクアドル戦に0対0で引き分け、最終ラウンド2分2敗の勝ち点2で最下位となり、上位4位までに与えられるU20W杯(5―6月、ポーランド開催)の出場権獲得が極めて厳しくなった。  同 […]
  • 東西南北2019年2月6日 東西南北  サンパウロ市は1月に大雨により記録的な倒木が記録されたと報じたばかりだが、今月初の大雨を記録した4日未明から午前にかけて、ほんの数時間だけで市内で32本の倒木を記録した。また、今回の雨はサンパウロ州のほかの地域にも強い影響が及び、サントスなど海岸部では、今回の雨だけで2月に見 […]
  • 《サッカー》U20南米選手権=ブラジル代表、ベネズエラに破れる2019年2月5日 《サッカー》U20南米選手権=ブラジル代表、ベネズエラに破れる  チリで開かれている、サッカーのU20南米選手権で、6カ国による最終ラウンドに進出しているブラジルは、ベネズエラに0対2で敗れ最下位に転落。上位4位までに与えられる、U20W杯(5―6月、ポーランド開催)出場権獲得に黄色信号が灯った。  南米サッカー連盟所属10カ国が […]
  • 東西南北2019年1月31日 東西南北  30日付フォーリャ紙によると、ボルソナロ政権内で、ボルソナロ大統領が不在中にアミウトン・モウロン副大統領が代行をつとめたときに行った言動に対し、批判があがっているという。中でも、ボルソナロ家の息子のひとりは、「モウロン氏は大統領になる準備をしている」と2人の人物にもらしたとか […]
  • 目指せ東京五輪=11歳のブラジル人少女=スケートボード、パークでの出場目指す2019年1月29日 目指せ東京五輪=11歳のブラジル人少女=スケートボード、パークでの出場目指す  サンパウロ州リベイロン・ピーレス市のヴィクトリア・バッシちゃん(11)が、スケートボートのブラジル代表候補21人の一人に選ばれた。  スケートボード競技には、街にあるような、階段や手摺り、ベンチや坂道を直線的に配置したコースで行われる「ストリート」と、深いお椀をいく […]