ホーム | 日系社会ニュース | 花祭り=釈尊降誕会=甘茶で祝う=リベルダーデ広場で9日まで

花祭り=釈尊降誕会=甘茶で祝う=リベルダーデ広場で9日まで

4月7日(木)

 お釈迦様の誕生日を祝う花祭り(主催・ブラジル仏教連合会)が四日から、リベルダーデ広場で開かれている。四月八日が誕生日とされるお釈迦様の像に甘茶をそそぐ伝統の行事。ブラジルでは三十九年前に始まり、秋の風物詩として定着している。
 六宗派で構成される同連合会が日替わり交代で運営。六日の担当だった西本願寺の松岡海心開教使は、「地域に根付いた祭りだと改めて実感している。自然な甘味が特徴の甘茶への反応も興味深い。お茶を楽しみに毎年来られる方もいるようだ」と話した。
 九日午前十一時からは、お練りを予定。象の模型の背中に誕生仏をのせ、各派の稚児や僧侶、門徒らが同広場からアメリコ・デ・カンポス街を経由し、リベルダーデ通りの東洋文化会館まで行進する。
 関係者によると、開幕以来、一日五百人以上の来場があるという。 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》経済基本金利6.5%据え置き=低インフレ続き、低金利を継続2019年2月8日 《ブラジル》経済基本金利6.5%据え置き=低インフレ続き、低金利を継続  今年初めてのブラジル中銀、通貨政策委員会(Copom)が5、6日に開かれ、経済基本金利(Selic)は満場一致で現在の年利6・5%のままで据え置きとなったと、7日付現地各紙が報じた。  ボルソナロ政権発足後、初の開催でもあったCopomは、昨年3月より、7会合連続で […]
  • 援協が新体制で1月定例会=創立60周年キャンペーン承認2019年1月30日 援協が新体制で1月定例会=創立60周年キャンペーン承認  サンパウロ日伯援護協会(与儀昭雄会長)は「1月定例役員会」を24日、援協本部ビルで開催した。19、20年の新執行部が発足してから初の役員会となった。  議事及び報告では、日伯福祉援護協会の定款改訂、ならびに、援協創立60周年記念キャンペーンの実施が承認された。   […]
  • サンパウロ市=バスが自転車集団はねる=内3人が死亡する惨事に2019年1月29日 サンパウロ市=バスが自転車集団はねる=内3人が死亡する惨事に  26日、サンパウロ市西部ピリトゥーバのバンデイランテス高速道で、バスが28人のサイクリング集団をはね、28日までに3人が死亡する事故が起きた。27日付現地紙が報じている。  事故は26日午前10時30分頃、バンデイランテス高速道がマルジナル・チエテやマルジナル・ピニェイロス […]
  • 鱒料理が味わえる「高原」=避暑地カンポス・ド・ジョルダン2019年1月10日 鱒料理が味わえる「高原」=避暑地カンポス・ド・ジョルダン  「昨晩サンパウロは30度の熱帯夜だったそうですが、カンポスは12度でしたよ」――標高1600メートルもあり、「ブラジルのスイス」と名高い避暑地サンパウロ州カンポス・ド・ジョルダン市。そこにある日本食レストラン「高原」(Trav. Isola Orsi, […]
  • ブラジルを「故郷」にするなら桜を植えよう=郷愁とブラジル日本移民2019年1月8日 ブラジルを「故郷」にするなら桜を植えよう=郷愁とブラジル日本移民  「静岡の茶畑そっくりだ」―サンパウロ市から南西に190キロほど下った海岸部レジストロの茶畑に取材に行き、故郷の光景を思い出した。  といっても、緑茶ではなく紅茶だ。聞けば、原料となる茶葉は緑茶も紅茶も一緒だが、加工工程が違うのだという。お茶畑まではそっくりなワケだ。 […]