ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

 やれ委任状だの裁判所への提訴と大騒ぎだった文協の会長選びも、最有力候補である谷広海氏が、土壇場になって出馬辞退を宣言。久しぶりの大騒動にコロニアはやきもきしたけれども終わって見れば何ともあっけない三流芝居の幕切れを思わせる。が、決戦投票にまで持ち込んだ今回の選挙戦が無意味であったわけではない。騒ぎの原因は、百周年祭にとてつもない豪華ビルを建設するの構想である▼上原氏は大学の教授。裏方?の渡部和夫氏は元判事の法律家である。そのためかどうかはよく解らないが、あのビル建設案の決定の仕方が、余りにもトップダウン方式であったのは否めない。上が決めれば下々は従うと考えがちなのは欧米式と言ったらいいか。だが、日本は下から積み上げられてきた意見や計画を大事にするボトムアップ式が多い。この辺が一世と二・三世の相違であり一見すると「対立」と見間違ってしまう。もっと一般の人々との議論を深めて欲しかったのは言うまでもない▼第二は選挙の規定が曖昧であり俄作りの感が深い。本来ならば、選挙のやり方や方法をきちんと決めておくのが筋である。谷広海氏が提訴に踏み切ったのも、条文解釈の違いからくるものであり、合理性はある。しかしながら―訴訟王国・アメリカとは違い日本人は裁判を生理的に嫌う。そのために谷批判となったのだろうが我らが県人会では警察官を会場に入れての総会が何回かあるし、この提訴は騒ぎの本質とは関係ないと見ていい▼それはともかく、戦後移住派の谷広海氏の出馬を高く評価したい。最大の公約であるビル建設反対を迫って―上原会長が撤回に踏み切ったのが大きい。最後は立候補を辞退したが、選挙を果敢に戦い第一回投票で一位の座を占めた意義は真に重い。    (遯)

05/5/3

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • GLA講演会、17日=『2019新年の集い』2019年2月9日 GLA講演会、17日=『2019新年の集い』  宗教法人GLAブラジル支部(尾田嘉雄理事長)は「映像の集い・2019新年の集い」を17日午後2時から、サンパウロ市リベルダーデ区のブラジル日本文化福祉協会代大講堂(Rua Sao Joaquim, […]
  • CKC農業連携会議=日本から専門家、若手会議も=中南米5カ国から95人参加=ペルー参加、継続に意欲示す2019年2月8日 CKC農業連携会議=日本から専門家、若手会議も=中南米5カ国から95人参加=ペルー参加、継続に意欲示す  日本の農林水産省が中央開発株式会社(以下CKC、本社=東京)に委託する「平成30年度中南米日系農業者等との連携交流・ビジネス創出委託事業」の会議が今月4、5両日、サンパウロ市の宮城県人会会館で開催された。昨年4月から再スタートした同事業には、ブラジル、亜国、パラグアイ […]
  • 今週末、高知のおきゃく=箸拳、よさこい、郷土食も2019年2月8日 今週末、高知のおきゃく=箸拳、よさこい、郷土食も  ブラジル高知県人会青年部(川上カミラ部長)は「第2回高知のおきゃく」を10日午前11時から午後4時まで、同会館(Rua das Miranhas, […]
  • ■人探し■2019年2月8日 ■人探し■  岐阜県岐阜市在住の高橋明丈さんが、市内の明徳小学校で同級生だった「野口」さんという女性を探している。判明しているのは苗字のみで、結婚後に、苗字が変わっている可能性がある。  高橋さんは1947年生まれ。野口さんが存命なら現在は70歳過ぎ。高橋さんによれば、1959年の伊勢湾 […]
  • 三重県人会総会、24日2019年2月8日 三重県人会総会、24日  ブラジル三重県人会(下川孝会長)の「定期総会」が24日、サンパウロ市ヴィラ・マリアーナ区の同会館(Av. Lins de Vasconcelos, […]