ホーム | 日系社会ニュース | 王将戦、高根五段勝つ=目の不自由な大原さん健闘

王将戦、高根五段勝つ=目の不自由な大原さん健闘

6月1日(水)

 第二十三回ブラジル将棋王将戦大会(ブラジル将棋連盟主催)が二十九日、サンパウロ市リベルダーデ区の同連盟会館であり、全伯から七十六人が参加した。高根富士雄さん(五段、57)=ベロ・オリゾンテ=が大原勝重さん(六段、77)=サンパウロ市=を下して、初優勝を飾った。このほか、ジョマール・エゴロフさん(40)=マリンガ=が四段戦を制し、非日系人で初めて五段に昇段した。
 ブラジル四大棋戦の一つらしく、パラー、ミナス・ジェライス、パラナ州など、全国から将棋愛好家が集まってきた。とはいえ、出場者数は年々減り、八十人を割った。
 優勝経験三十九回、うち王将戦のタイトル十一回を誇る青木幹旺さんが、今年初めて予選敗退するなど番狂わせも生じた。
 こんな沈滞ムードの中、同連盟相談役でコロニア屈指の棋士、大原勝重さんが七年振りに決勝まで進み、会場を沸かした。大原さんは白内障を患い、左目は失明状態。右目の視力もかなり落ちている。
 相手をじわじわと追い詰めていくような指し方は健在。高根さんを最後まで苦しめ、緊迫した攻防が続いた。二人の周りには、自然と人垣が出来ていった。
 高根さんが全伯大会を制すのは、約十五年前に最強者戦のタイトルをとって以来のこと。「何度も詰められたかなと思ったけど、粘り強く戦えた」と顔を綻ばせていた。
 非日系人初の五段になった、エゴロフさんはチェスの指導者だ。二世の友人に誘われて、将棋を指すようになった。ブラジル社会向けの将棋普及に向けて、力になる人材だと期待されている。
 このほか、将棋連盟がかつて文協内にあった時代の愛好家が、二十五年振りに大会に戻ってくるなど、明るい話題があった。
 中田定和会長は大会後、「各地から出場者があり、思ったよりも盛大な大会だった。参加者数が二桁に落ち込んでいるのは寂しいが、名人戦は百人を超えるはず」と話していた。
 各カテゴリーの優勝者は次の通り。【王将戦(五段以上)】高根富士雄【四段】ジョマール・エゴロフ【三段】吉川浩【二段】植田陽一【初段】丸井三郎【親睦戦A】青木幹旺【親睦戦B】西山洋。丸井さん、植田さん、エゴルフさんは昇段した。(敬称略)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ピエダーデ柿祭り=市政170年にあわせ=20日から、品評会も2010年5月18日 ピエダーデ柿祭り=市政170年にあわせ=20日から、品評会も ニッケイ新聞 2010年5月18日付け  ピエダーデ文化体育協会(弘末武会長)は「第10回柿祭り」を20日~23日まで、同文協会館(Rod. SP 250, km 101 - Trecho Piedade-Pilar do Sul)で催す。 […]
  • ブラジル・セレソン=ジエゴ・ソウザが2得点で脚光=ベテランや中小クラブの星に2017年6月14日 ブラジル・セレソン=ジエゴ・ソウザが2得点で脚光=ベテランや中小クラブの星に  13日にメルボルンで行われたサッカーの親善試合、対オーストラリア戦で、ブラジル代表(セレソン)はW杯南米予選のレギュラーが2人しか先発出場しない中、4―0と圧勝したが、その主役のひとりは2得点を決めた意外な伏兵だった。  その選手の名はジエゴ・ソウザ。今月17日に3 […]
  • 《南米サッカー》リベルタドーレス杯9月再開=他大会が同時並行の強行日程2020年7月22日 《南米サッカー》リベルタドーレス杯9月再開=他大会が同時並行の強行日程  サッカーの南米一を決めるリベルタドーレス杯が9月15日から再開されることが20日、正式発表された。21日付現地サイトが報じている。  今年のリベルタドーレス杯は、3月のグループ・リーグ中に新型コロナウイルスの感染爆発が起きて、各チームが第2節を終えた3月12日を最後 […]
  • 2009年7月29日 「アマゾンの歌」を歩く=(9)=〃黒いダイヤ〃ブーム到来 ニッケイ新聞 2009年7月29日付け  マラリアが蔓延し始めた一九三三年、南拓社員の臼井牧之助(女優小山明子の実父)は、第十三回アカラ移民を引率し、神戸から、はわい丸に乗り込んだ。 船内での死亡者を火葬にするため、シンガポールで下船したおり、胡椒の苗を二十株購入する。  […]
  • サンパウロ州=糖尿病の3歳児行方不明=市警は継父と母親を捜査2013年11月8日 サンパウロ州=糖尿病の3歳児行方不明=市警は継父と母親を捜査 ニッケイ新聞 2013年11月8日  サンパウロ州リベイロン・プレット市北部のジャルジン・インデペンデンシアで5日から行方不明になっている、糖尿病を患う3歳児をめぐって、市警は裁判所に6日、少年の母親と継父の逮捕状を請求したが却下された。6日付伯字紙が報じている。 […]