ホーム | 日系社会ニュース | 小沢さんに栄冠=トップスター歌謡祭

小沢さんに栄冠=トップスター歌謡祭

6月8日(水)

 第二回ブラジル・トップスター歌謡祭(原正雄実行委員長)が五日文協の記念講堂で開催され、百八人が参加、七部門に分かれて歌唱力を競った。
 息詰まる熱戦を制したのは小沢ユカさん(21、三世)。「娘に」を可憐に歌いあげ、グランプリに輝いた。大きな拍手に包まれる中、感涙にむせびながら賞品の東京行き往復航空券(全日空)を主催者代表の山尾敏雄フレンズグループ会長から受け取った。
 同大会は、隆盛を誇る日系カラオケ大会の上位入賞者が、ザ・フレンズ(蛯原忠男リーダー)の伴奏で歌うのが特徴。二回目を迎え内容の充実が見られ、歌謡ファンを唸らせた。
 ブラジル歌謡協会(山田健昇会長)、パウリスタカラオケ同盟(重田エウゾ会長)、日伯音楽協会(北川彰久会長)らが後援、大会を盛り上げた。
 各部門の優勝者は次の通り。
 ジュベニル=大橋小百合、アドゥウトA=小沢ユカ、アドゥウトB=鶴浜イザベル、ベテラーノA=瀬口リカルド、同B=小沢節子、同C=中原パウロ、マステル=貝塚ミルトン。

image_print

こちらの記事もどうぞ