ホーム | 日系社会ニュース | 慰霊碑前で仏式法要=県連が参加呼びかけ=移民の日

慰霊碑前で仏式法要=県連が参加呼びかけ=移民の日

6月10日(金)

 ブラジル日本都道府県人会連合会、ブラジル仏教連合会が主催する開拓先没者慰霊祭が十八日午前十時半から、サンパウロ市イビラプエラ公園内の開拓先没者慰霊碑前で行われる。
 今年は仏式法要のみを執り行なう。法要は十一時半に終了。その後、午後四時まで参拝を受け付ける。中沢宏一県連会長、尾西貞夫慰霊祭実行委員長が案内のため本紙を訪れた。
 イビラプエラ公園の先没者慰霊碑は今年、建立三十周年を迎える。県連ではこれを記念し、全県人会から費用を募り、慰霊碑の歴史を写真と文章でつづった小冊子を作成した。慰霊祭の会場で参加者に配布する。
 当日は文協前から無料の送迎バスが出る。集合時間は午前九時半。問い合わせは県連(11・3277・8569)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 移民の日に寄せて=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田 康夫2018年6月20日 移民の日に寄せて=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田 康夫  笠戸丸移民に始まる日本移民の歴史も110周年を迎え、日本人の数は年を追うごとに減少しておりますが、私どもの子孫であります二世、三世、四世、五世、そして六世では成人に達した人もあり、七世も近いかと思われます。  毎年、六月十八日の『ブラジル日本移民の日』にイビラプエラ […]
  • 県連代表者会議=日本祭り式典会場に約4千人収容=ギネスに向け準備着々と2018年5月1日 県連代表者会議=日本祭り式典会場に約4千人収容=ギネスに向け準備着々と  ブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)の4月度代表者会議が26日、文協ビル内の県連会議室で行なわれた。サンパウロ市の日本移民110周年記念式典会場やギネスなどについて説明があったほか、菊地義治ブラジル日本移民110周年祭典委員会実行委員長から移民の日法要への出席が呼び […]
  • 《ブラジル》移民109周年=先人の勇気を思い起こせ!=文協で開拓先亡者追悼法要2017年6月20日 《ブラジル》移民109周年=先人の勇気を思い起こせ!=文協で開拓先亡者追悼法要  最初の移民船「笠戸丸」がサントス港に到着し、日本人移民がブラジルの地を踏んでから109年―。今年も「移民の日」を迎え、ブラジル日本文化福祉協会(呉屋春美会長)とブラジル仏教連合会(佐々木良法エドアルド会長)共催による『開拓先亡者追悼法要』が、18日午後2時から文協大講堂で開催 […]
  • 【2016年移民の日特集号】ごあいさつ2016年6月23日 【2016年移民の日特集号】ごあいさつ 移民の日に思うことブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田 康夫 ブラジルの日本移民は今年108年、戦後の移住が再開されて63年になり、戦前、戦後を通じてブラジルに移住した日本人の数は25万人余、そして現在では190万人余といわれる日系人の中に占める日本人の数は3%を下回るとい […]
  • イビラプエラで慰霊法要=先人の労苦想い、遺徳偲ぶ2016年6月21日 イビラプエラで慰霊法要=先人の労苦想い、遺徳偲ぶ  移民108周年の節目を迎え、ブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)の主催する『日本移民開拓先亡者慰霊祭』が18日午前10時半より、サンパウロ市イビラプエラ公園の慰霊碑前で行われた。中前隆博在聖総領事をはじめ、羽藤譲二サンパウロ州議、各県人会代表者や日系団体関係者など約 […]