ホーム | 文芸 | 刊行 | 刊行物

刊行物

6月14日(火)

 俳誌『親睦』六月号が発行された。扉「一句集」から「十三夜そっと思案の顔照らす」(陽子)、「佳きことのはずみに買いぬさくらんぼ」(まさかず)、「選句と感想」から一句「妙齢の唇に吸わるさくらんぼ」(竜尾)、ほか。
 『イッペ』七月号(第三百三十七号)が発行された。共鳴句六月号・同人作品から瀬尾天村抽「茗荷汁吹きふき健忘かこちをり」(春江)、同人作品七月分から「今一度吾も咲きたし帰り花」(フランコ・ダ・ロッシャ、斎藤)、「木ブドー熟れ空家の庭も賑はえる」(マリリア、小原みつ子)、ほか。
 『火焔樹』六月号が発行された。扉の一句「ホトトギス一千三百号虚子忌」(要一郎)、「ブラジル俳句」木村要一郎「大地・永住」(5)一九七九年分から一句「父母の拓きし街に夜学かな」、雑詠(要一郎選)から一句「草原の雲の動かず時雨けり」(鈴木伊助)、ほか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 還暦迎えた全伯川柳大会=〃ゴールのないマラソン〃走る=「足跡を歴史に刻み移民老い」2013年12月24日 還暦迎えた全伯川柳大会=〃ゴールのないマラソン〃走る=「足跡を歴史に刻み移民老い」 ニッケイ新聞 2013年12月24日  ぶらじる川柳社(荒井花生主幹)は「第60回全伯川柳大会」を9月15日にブラジル日系熟年クラブ連合会の会館で行い、国際日本文化研究センターの細川周平教授も出席するなど、賑やかに同大会の〃還暦〃を祝った。 […]
  • 海岸のシャワーに尿の成分=リオの大学の調査で判明2014年2月19日 海岸のシャワーに尿の成分=リオの大学の調査で判明 ニッケイ新聞 2014年2月19日 リオデジャネイロ市にあるカトリック総合大学(PUC―RIO)の科学技術センターが、同市南部の海岸にあるシャワーの水を調べたところ、地下水だから安全と見られていたシャワーの水に尿の成分が混じっている事が判明した。 調査対象となったシャワーの水 […]
  • ソンブラ氏が癌で死去=Cダニエル事件のカギ握る人物2016年9月29日 ソンブラ氏が癌で死去=Cダニエル事件のカギ握る人物  サントアンドレ市長だったセウソ・ダニエル氏(労働者党・PT)が2002年1月に殺害された際、行動を疑惑視されて話題となった企業家セルジオ・ゴメス・ダ・シウヴァ(通称ソンブラ)氏が27日、サンパウロ市東部の入院先の病院で癌のため亡くなった。28日付伯字紙が報じている。  ソン […]
  • 小頭症として生まれた女性の勇気=自らのハンディ克服の営みを語る2016年2月4日 小頭症として生まれた女性の勇気=自らのハンディ克服の営みを語る  今のようにジカ熱と小頭症の関連が取りざたされる前、南マット・グロッソ州都カンポ・グランデに住む一人の少女が、小頭症のハンディと必死に戦っていた。 当時の少女、アナ・カロリーナ・ジアス・カセレスさん(24)は成長し、15年12月に大学のジャーナリズム学科を修めた。今は無償で元小 […]
  • 東西南北2010年6月22日 東西南北 ニッケイ新聞 2010年6月22日付け […]