ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

6月24日(金)

 二十三日付け本面で、エスタード紙に掲載された聖総領事館窓口の対応を批判する読者投稿を紹介したが、それを読んだ本紙読者からも「自分も同じような目にあった」との電話が寄せられた。サンパウロ市在住の金親豊さんは「まるで罪人扱いでした。酷すぎます」と憤る。先日、地方に住む友人の息子がビザを申請したいというので案内したら、五十歳ぐらいの白髪の日系女性職員から感じの悪い対応を受けたという。
     ◎
 金親さんはビル入り口で身分証明書を提示してから査証班のフロア―に上がったにも関わらず、その女性職員は「あなたはこの人(知人の息子)とどんな関係ですか? 一緒に上がってはダメ! 身分証明書を見せなさい」と迫ったという。「まるで悪いことをしているかのように絞られましたよ」と振り返る。「他の職員はとても対応がいい。でも彼女のおかげで領事館全体のイメージが悪くなって残念」。
     ◎
 カンポス桜ホームの桜の成育が、順調だそうだ。俗に「桜切るばか、梅切らぬばか」と言う。施設長が数年前、景観を維持するため鉄則を破って樹木を切り、経営委員会と関係をこじらせた。専門家の話によると、皮肉にも手を加えた後に花がよく咲くようになったという。この施設長は援協を離れ、その姿をみることはない。結果的に、判断は正しかったことになるが……。
     ◎
 川上淳グァタパラ文協会長が、先月末小泉首相と会った際、「百年祭にはグァタパラへ来て下さい」と招待。首相は「行く、行く」と二度言ったそうだ。川上さんは、その場の雰囲気から、返事はリップサービスでない、と感じ、実現を期待している。首相は、その時点、政府の役職は何だろうか。元首相として「特使」にでもなるだろうか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》経済基本金利6.5%据え置き=低インフレ続き、低金利を継続2019年2月8日 《ブラジル》経済基本金利6.5%据え置き=低インフレ続き、低金利を継続  今年初めてのブラジル中銀、通貨政策委員会(Copom)が5、6日に開かれ、経済基本金利(Selic)は満場一致で現在の年利6・5%のままで据え置きとなったと、7日付現地各紙が報じた。  ボウソナロ政権発足後、初の開催でもあったCopomは、昨年3月より、7会合連続で […]
  • 援協が新体制で1月定例会=創立60周年キャンペーン承認2019年1月30日 援協が新体制で1月定例会=創立60周年キャンペーン承認  サンパウロ日伯援護協会(与儀昭雄会長)は「1月定例役員会」を24日、援協本部ビルで開催した。19、20年の新執行部が発足してから初の役員会となった。  議事及び報告では、日伯福祉援護協会の定款改訂、ならびに、援協創立60周年記念キャンペーンの実施が承認された。   […]
  • サンパウロ市=バスが自転車集団はねる=内3人が死亡する惨事に2019年1月29日 サンパウロ市=バスが自転車集団はねる=内3人が死亡する惨事に  26日、サンパウロ市西部ピリトゥーバのバンデイランテス高速道で、バスが28人のサイクリング集団をはね、28日までに3人が死亡する事故が起きた。27日付現地紙が報じている。  事故は26日午前10時30分頃、バンデイランテス高速道がマルジナル・チエテやマルジナル・ピニェイロス […]
  • 鱒料理が味わえる「高原」=避暑地カンポス・ド・ジョルダン2019年1月10日 鱒料理が味わえる「高原」=避暑地カンポス・ド・ジョルダン  「昨晩サンパウロは30度の熱帯夜だったそうですが、カンポスは12度でしたよ」――標高1600メートルもあり、「ブラジルのスイス」と名高い避暑地サンパウロ州カンポス・ド・ジョルダン市。そこにある日本食レストラン「高原」(Trav. Isola Orsi, […]
  • ブラジルを「故郷」にするなら桜を植えよう=郷愁とブラジル日本移民2019年1月8日 ブラジルを「故郷」にするなら桜を植えよう=郷愁とブラジル日本移民  「静岡の茶畑そっくりだ」―サンパウロ市から南西に190キロほど下った海岸部レジストロの茶畑に取材に行き、故郷の光景を思い出した。  といっても、緑茶ではなく紅茶だ。聞けば、原料となる茶葉は緑茶も紅茶も一緒だが、加工工程が違うのだという。お茶畑まではそっくりなワケだ。 […]