ホーム | 日系社会ニュース | ガルサ「桜の森」で=恒例桜祭り

ガルサ「桜の森」で=恒例桜祭り

6月25日(土)

 第十九回ガルサ桜祭りが、同市「桜の森」で二十四日開幕、二十六日まで続けられる。会場は、J・K・ウイリアムス湖のほとりに広がっている。花見のほかに「日本」について知ることのできる催しはもりだくさん。およそ延べ十万人のの人出が見込まれている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年12月7日 大耳小耳  俳誌『朝蔭』457号が11月に刊行された。《古海苔を浸して佃煮作るかな》(壇正子)。そういえば、台所の引出しの奥に一昨年もらった海苔が…。《諍いしことも懐かし墓洗う》(湯田南山子)、《愛されて今も惜まる墓洗ふ》(菊地信子)も考えさせられる作品。やはり、墓を見れば生前の人徳が偲 […]
  • 2試合3得点と好調を維持する大島選手2014年1月8日 サンパウロ市杯=柏が第2戦で見事勝利飾る=大量得点が予選突破の鍵 ニッケイ新聞 2014年1月8日 【既報関連】19歳以下の若手選手のプロ登竜門といわれるサッカー大会『コパ・サンパウロ』に、日本から参加している柏レイソルが、6日のグループ第2戦でバルエリ相手に2対1で勝利した。 3日のサンパウロFCとの引き分けに続き、勝ち点4で良好な結果 […]
  • ブラジルサッカー史を今に伝える、サンパウロ、サッカー博物館(Carol Delmazo/Portal da Copa)2015年4月21日 ブラジルサッカー=初の試合から120年=「平地のサッカー」の由来を覗く  「平地(ヴァルゼア)のサッカー」―。これは下手な選手達の酷い内容のサッカーを表すのに使われてきた表現だ。 しかしながら、このヴァルゼア(平地)という言葉は元々、慣用句としての使い方とは関係なく、サッカーの起源に関わりがある。 2015年4月14日は、1895年4月14日に […]
  • 《ブラジル》テメル大統領=総額約200億レアル規模の自治体への融資を後押しする文書に署名=「財政原則より政治の論理を優先」と批判も2018年3月30日 《ブラジル》テメル大統領=総額約200億レアル規模の自治体への融資を後押しする文書に署名=「財政原則より政治の論理を優先」と批判も  テメル大統領は28日、連邦貯蓄銀行(Caixa)が各州、市などの自治体に総額約200億レアルの融資を行うことを事実上認める内容の、総弁護庁(AGU)作成の書類に署名したと、28、29日付現地各紙・サイトが報じた。  この融資では、自治体が担保として州加盟ファンド(F […]
  • 《ブラジル》こんどは精油所がスト=30日0時から72時間限定で=直ちに燃料の枯渇はなし2018年5月31日 《ブラジル》こんどは精油所がスト=30日0時から72時間限定で=直ちに燃料の枯渇はなし  トラックストが収束の兆しを見せている中、新たなストが発生した。石油公社のペトロブラス社(PB)従業員たちが、30日午前0時をもって72時間期限のストに入った。  ストに入ったのはミナス、パラナ、アマゾン、ペルナンブッコ、リオ・グランデ・ド・スル、サンパウロ州の6州の […]