ホーム | 日系社会ニュース | ア・マッシャード招魂祭

ア・マッシャード招魂祭

6月28日(火)

 アルバレス・マッシャード日伯文化協会(松本一成会長)による「第八十五回招魂祭」「開拓先亡者慰霊追悼法要」が、七月十日午前九時から、同地日本人墓地で行われる。主催者は縁の人たちはぜひ参加を、と呼びかけている。文協所在地は、フェルナンド・コスタ街292(ア・マッシャード市)。電話18・3273・2173。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • サンパウロ州=デング熱で早くも死者=患者数は昨年同月の半分に2020年2月13日 サンパウロ州=デング熱で早くも死者=患者数は昨年同月の半分に  サンパウロ州保健局が8日、1月に感染が確認されたデング熱患者は1万890人おり、死者も2人出たと発表した。  死者が出たのは、内陸部のプレジデンテ・ヴェンセスラウ市とオズワルド・クルス市だ。  1月に感染が確認された患者の40%以上は、10市に集中している。内訳は […]
  • コラム 樹海2009年10月14日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2009年10月14日付け […]
  • 臣民――正輝、バンザイ――保久原淳次ジョージ・原作 中田みちよ・古川恵子共訳=(88)2019年4月23日 臣民――正輝、バンザイ――保久原淳次ジョージ・原作 中田みちよ・古川恵子共訳=(88)  町には医療施設が完備されているので、正輝夫婦の心配はなかった。タバチンガで経験したようなことはここでは起きない。あのころよりずっと多くの日本人や沖縄人が住んでいる町の日常は正輝には居心地がよかった。たとえば、高橋先生のような人たちに自分のもっている知識を詳しく話すことができた […]
  • 大耳小耳2017年12月7日 大耳小耳  俳誌『朝蔭』457号が11月に刊行された。《古海苔を浸して佃煮作るかな》(壇正子)。そういえば、台所の引出しの奥に一昨年もらった海苔が…。《諍いしことも懐かし墓洗う》(湯田南山子)、《愛されて今も惜まる墓洗ふ》(菊地信子)も考えさせられる作品。やはり、墓を見れば生前の人徳が偲 […]
  • 第58回南米仏婦大会=モジ西本願寺で来月2017年9月27日 第58回南米仏婦大会=モジ西本願寺で来月  「第58回南米仏婦大会」が10月7、8の両日午前9時から、モジ・ダス・クルーゼス本願寺(Rua Padre Albino Bareta, […]