ホーム | 日系社会ニュース | 山水画の展覧会=23日から客家センターで

山水画の展覧会=23日から客家センターで

7月13日(水)

 客家センター(客家プラザ、聖市リベルダーデ区サンジョアキン街460番三階)で、二十三日から山水画の展覧会、「廖世秉師生聯合書展」がある。期間中、同氏をはじめ生徒らの作品約百点が展示される予定。入場無料。八月二十日まで。
 廖氏は貧しい家庭に育ち、苦学して国立台湾芸専美術系を卒業。山水画の名士と言われる黄君壁、傅狷夫らを師を仰ぐ。「蓮の花」に定評がある。八六年に渡伯。モジ・ダス・クルーゼス市で農業に従事しながら、画筆を手にとってきた。
 多くの芸術愛好者に望まれて、三年前から母国の文化普及を目的に〃国画〃の手ほどきを始めた。関係者は「日系人の皆さんにも来て、批評してください」と多くの来場を呼びかけている。
 駐聖保羅台北経濟文化辧事處・聖保羅文化中心、聖保羅中華會館の協賛。問い合わせ電話番号=11・3203・1333。

image_print

こちらの記事もどうぞ