ホーム | コラム | オーリャ! | コラム オーリャ!

コラム オーリャ!

 ミランドーポリス市の弓場農場には旅行者や来客が常時滞在している。先日、聖市からブラジル人青少年四十人が文化交流に訪れていたのだが、そんな中で農場出身者が亡くなりミッサが行われることになった。
 故人の妹はほとんど悲しみの様子を見せず来客を明るくもてなし、翌日はスケジュールを変えることなくミッサと交流会の準備を同時進行。両方とも心尽くしの温かいものになり、彼らの複雑な心境を思うと胸が熱くなった。
 「結婚式の日に葬式したこともあるんよ。こればかりは仕方ないから」。目を赤くしながら笑顔を作るヤマ(弓場)の人。「こんなたくさんの人に送ってもらえるなんて幸せよ」。
 子どもたちは墓地から帰ると涙をぬぐって外へ遊びに出た。優しい場所だと思った。(郁)

05/7/27

image_print

こちらの記事もどうぞ