ホーム | 文芸 | 刊行 | 刊行物

刊行物

2005年12月13日(火)

 『火焔樹』十二月号が発行された。扉の一句「移民村サザンクロスのクリスマス」(要一郎)、雑詠(要一郎選、その一句「カトレアと江戸菊の咲く妻の庭」(バルゼア・アレグレ、鈴川伊助)、ブラジルコドモ俳句ピラポーラ校(指導・由紀子、栄一、要一郎、その一句「10月や大きいかみなり二つ鳴り」=広本あゆみ、十一歳)、ほか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 「老人が路上をさまよう」将来=年金の未加入者54%2003年6月17日 「老人が路上をさまよう」将来=年金の未加入者54% 6月17日(火) […]
  • 文協が白寿者に呼びかけ2020年3月19日 文協が白寿者に呼びかけ  ブラジル日本文化福祉協会(石川レナト会長)は「白寿者表彰」を6月28日午前10時に行うあたり、ブラジル全土の日系団体に満99歳、もしくはそれ以上の人の調査を呼びかけている。  今年白寿を迎えるのは1921年(大正10年)の生まれの人。もしくは過去に白寿を迎えたが、まだ表彰を […]
  • 《ブラジル》ルーラがペルナンブッコ州の音楽イベントに登場=大観衆前に釈放後の本音叫ぶ2019年11月19日 《ブラジル》ルーラがペルナンブッコ州の音楽イベントに登場=大観衆前に釈放後の本音叫ぶ  ルーラ元大統領は17日、ペルナンブッコ州の州都レシフェで行われた自身の音楽祭に出演。大観衆の歓声を浴びて、スピーチを行った。18日付現地紙が報じている。  この日のイベントは、「ルーラ・リーヴリ・フェスティバル」と銘打たれ、歴史的に同州の左派活動家が集まるノッサ・セニョーラ […]
  • 今週末の催し2003年3月7日 今週末の催し 3月7日(金) 土曜日  名画友の会鑑賞会「父ありき」「若草物語」(米画)、八日午後〇時半、老ク連センター。      □  藤井香織フルート・アンサンブル公演、八日午後四時、マクソウド・プラザ・ホテル。入場無料。      □ […]
  • 援護協会=インフルエンザ予防接種=高齢者無料、今日から2011年5月3日 援護協会=インフルエンザ予防接種=高齢者無料、今日から ニッケイ新聞 2011年5月3日付け  サンパウロ日伯援護協会は、福祉センター(Rua Fagundes, 121)で今日から、無料のインフルエンザ予防接種キャンペーンを実施する。 […]