fbpx
ホーム | 日系社会ニュース | 連警で銃の再登録を=鉄砲店の元経営者=「相談に乗ります」

連警で銃の再登録を=鉄砲店の元経営者=「相談に乗ります」

2005年12月24日(土)

 銃の再登録が必要になったこと、知ってますか――。個人の銃所持をめぐる問題が十月に実施された銃火器販売の是非を問う国民投票であらためて注目された。この銃所持について、連邦警察への再登録が必要になっていることが意外と知られていない。射撃の元ブラジル代表で、リベルダーデで長く銃砲店を経営していた小田俊勝さんは現状を危惧し、早めの対応を呼びかけている。
 小田さんは一九七〇年に工業移住者として渡伯。リベルダーデ区で写真店を経営するかたわら、八四年から九七年までグロリア街で銃砲店「OSK」を営んだ。自身も九四、五年に射撃のブラジル代表としてアトランタ、広島で開かれた世界大会に出場したほか、国内の各大会でいくどとなく優勝を重ねた実力の持ち主だ。
 銃の再登録を義務付けているのは、二〇〇三年に公布された政令10.826/03号。それまで民警が管轄していた銃火器登録に関する部門が連邦警察に移り、販売や購入にともなう登録、すでに銃火器を所持している人に連警への再登録が義務付けられた。
 「日本人も、ブラジル人でも誰も知らないんですよ」と語る小田さん。施行後の一年目は大きな動きはなかったが、「今年に入ってから規制が始まり、いくつか問題の起きているケースもあります」と現状を説明する。未登録の銃火器所持が発覚した場合、厳しい措置もありうるという。
 「捨てるなんて絶対駄目です。書類もあるし、いまはコンピュータで管理していますから、書類は残り続けます」。
 再登録には各種の身分証明書のほか、購入した際の書類なども必要になる。
 小田さんの店で銃を購入した人は一万人近くに上るという。小田さんは販売した際の書類を保管しており、今後、登録手続きなどの相談に乗っていく方針だ。すでにいくつかの地方都市で、地域の安全に関するセミナーとあわせた説明会を開催しているという。
 「とても重要なこと。銃を持っている人にも危険が伴うことですから、なるべく早く連絡してほしい。いつでも対応します」と小田さんは呼びかけた。
 問い合わせは、電話(11)7256・8578または9526・6940(午前八時から午後八時)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジルサッカー》U20選手権で絶体絶命=2分2敗でU20W杯出場は風前の灯2019年2月9日 《ブラジルサッカー》U20選手権で絶体絶命=2分2敗でU20W杯出場は風前の灯  チリで行われているサッカーU20南米選手権の最終ラウンド第4節で、ブラジル代表は7日のエクアドル戦に0対0で引き分け、最終ラウンド2分2敗の勝ち点2で最下位となり、上位4位までに与えられるU20W杯(5―6月、ポーランド開催)の出場権獲得が極めて厳しくなった。  同 […]
  • 東西南北2019年2月6日 東西南北  サンパウロ市は1月に大雨により記録的な倒木が記録されたと報じたばかりだが、今月初の大雨を記録した4日未明から午前にかけて、ほんの数時間だけで市内で32本の倒木を記録した。また、今回の雨はサンパウロ州のほかの地域にも強い影響が及び、サントスなど海岸部では、今回の雨だけで2月に見 […]
  • 《サッカー》U20南米選手権=ブラジル代表、ベネズエラに破れる2019年2月5日 《サッカー》U20南米選手権=ブラジル代表、ベネズエラに破れる  チリで開かれている、サッカーのU20南米選手権で、6カ国による最終ラウンドに進出しているブラジルは、ベネズエラに0対2で敗れ最下位に転落。上位4位までに与えられる、U20W杯(5―6月、ポーランド開催)出場権獲得に黄色信号が灯った。  南米サッカー連盟所属10カ国が […]
  • 東西南北2019年1月31日 東西南北  30日付フォーリャ紙によると、ボルソナロ政権内で、ボルソナロ大統領が不在中にアミウトン・モウロン副大統領が代行をつとめたときに行った言動に対し、批判があがっているという。中でも、ボルソナロ家の息子のひとりは、「モウロン氏は大統領になる準備をしている」と2人の人物にもらしたとか […]
  • 目指せ東京五輪=11歳のブラジル人少女=スケートボード、パークでの出場目指す2019年1月29日 目指せ東京五輪=11歳のブラジル人少女=スケートボード、パークでの出場目指す  サンパウロ州リベイロン・ピーレス市のヴィクトリア・バッシちゃん(11)が、スケートボートのブラジル代表候補21人の一人に選ばれた。  スケートボード競技には、街にあるような、階段や手摺り、ベンチや坂道を直線的に配置したコースで行われる「ストリート」と、深いお椀をいく […]