ホーム | 日系社会ニュース | 連警で銃の再登録を=鉄砲店の元経営者=「相談に乗ります」

連警で銃の再登録を=鉄砲店の元経営者=「相談に乗ります」

2005年12月24日(土)

 銃の再登録が必要になったこと、知ってますか――。個人の銃所持をめぐる問題が十月に実施された銃火器販売の是非を問う国民投票であらためて注目された。この銃所持について、連邦警察への再登録が必要になっていることが意外と知られていない。射撃の元ブラジル代表で、リベルダーデで長く銃砲店を経営していた小田俊勝さんは現状を危惧し、早めの対応を呼びかけている。
 小田さんは一九七〇年に工業移住者として渡伯。リベルダーデ区で写真店を経営するかたわら、八四年から九七年までグロリア街で銃砲店「OSK」を営んだ。自身も九四、五年に射撃のブラジル代表としてアトランタ、広島で開かれた世界大会に出場したほか、国内の各大会でいくどとなく優勝を重ねた実力の持ち主だ。
 銃の再登録を義務付けているのは、二〇〇三年に公布された政令10.826/03号。それまで民警が管轄していた銃火器登録に関する部門が連邦警察に移り、販売や購入にともなう登録、すでに銃火器を所持している人に連警への再登録が義務付けられた。
 「日本人も、ブラジル人でも誰も知らないんですよ」と語る小田さん。施行後の一年目は大きな動きはなかったが、「今年に入ってから規制が始まり、いくつか問題の起きているケースもあります」と現状を説明する。未登録の銃火器所持が発覚した場合、厳しい措置もありうるという。
 「捨てるなんて絶対駄目です。書類もあるし、いまはコンピュータで管理していますから、書類は残り続けます」。
 再登録には各種の身分証明書のほか、購入した際の書類なども必要になる。
 小田さんの店で銃を購入した人は一万人近くに上るという。小田さんは販売した際の書類を保管しており、今後、登録手続きなどの相談に乗っていく方針だ。すでにいくつかの地方都市で、地域の安全に関するセミナーとあわせた説明会を開催しているという。
 「とても重要なこと。銃を持っている人にも危険が伴うことですから、なるべく早く連絡してほしい。いつでも対応します」と小田さんは呼びかけた。
 問い合わせは、電話(11)7256・8578または9526・6940(午前八時から午後八時)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム オーリャ!2005年12月24日 コラム オーリャ!  阪神タイガースからブラジルで応援しているファンに感謝の気持ちをこめて贈られたグッズが兵庫県人会に届いている。それらが明石屋宝石店で配布されたのだが・・・。受け取りに来たのは十人ほど。約二百三十点あったグッズがまだまだ残っている状況だ。 […]
  • アニメイラスト=描き方を学ぼう2005年12月24日 アニメイラスト=描き方を学ぼう 2005年12月24日(土)  マンガやイラストを描く基本技術を教える特別講座が来年一月、学校の夏休み期間を利用して、サンパウロ市のデッサンスクール、アトリエ・ジャバクアラとアトリエ・アナローザの二校で開催される。 […]
  • 大耳小耳2005年12月24日 大耳小耳 2005年12月24日(土) […]
  • 08年の模範に=仏伯年を検証=連載(中)=2国間貿易が活性化=ポ語人気、受講者2割増2005年12月24日 08年の模範に=仏伯年を検証=連載(中)=2国間貿易が活性化=ポ語人気、受講者2割増 2005年12月24日(土) […]
  • 日伯交流に一役=俳優の隈本さん語る2005年12月24日 日伯交流に一役=俳優の隈本さん語る 2005年12月24日(土)  山崎千津薫監督の映画『GAIJIN2』で物語の進行役カズミ(三世)役を演じた俳優、隈本吉成さん(50、東京都在住)=写真=が文化庁新進芸術家在外派遣研修制度により、十六日に再来伯した。 […]