ホーム | 日系社会ニュース | 《記者の眼》一世の役割と世代交代=県連の将来はどうなる?

《記者の眼》一世の役割と世代交代=県連の将来はどうなる?

2006年4月27日(木)

 県連会長選挙で松尾氏が勝った。団体創立以来、初めて二つのシャッパが提出され、一世主体の勢力と二世層を中心としたそれが争い、二世派が勝った。その意味で、昨年の文協会長選挙と瓜二つだ。
 しかも、一世側は戦後移民の高橋一水氏(文協の時は谷広海氏)を担ぎ、二世派は準二世の松尾氏(文協は上原氏)という点でも似ている。
 県連選挙では二十八票対十九票で、わずか五人がうごけば勝敗は逆となった。昨年の文協でも第一次投票では谷派が多数を占めた健闘があったことを思えば、いま起きている現象には通底するなにかがあると思わざるをえない。
 ただし、県人同士の親睦を主たる目的とする県人会――その連合会である県連は、文化普及の文協とは少々意味合いが違う。母県との関係というのは、胎児がへその緒で母体とつながっているように、切っても切れない存在だ。母県が県民の税金から支援金を捻出してくれるのは、まさにそのような血縁ゆえだ。お国言葉を知らない世代の母県との関係は、いままでとは変わってくるだろう。
 今回の選挙結果に関し、一世からは「二世にはクルベとかいろんな自分たちの会があるんだから、そっちで活躍したらいい。一世にはこれしかないんだから、我々に残して欲しい」との怨み節も聞こえる。
 四十年の節目を迎える県連だが、いままで対抗シャッパはでなかった。勢力争いがなかったわけではない。これは、いくらいがみ合っても一世同士なら話し合ってまとめてきた、ということに他ならない。
 母県との絆は金ずるではない。顔の見える交流、血の通った会話を続けることが前提だろう。
 その意味で、県連次期執行部に期待したいのは、日本とのやりとりを大切にし、日本祭りを盛り上げてほしい点だ。また、急激な変化をしない、慎重な舵取りを求めたい。
 松尾シャッパが勝ったとはいえ、半数近くは高橋シャッパに投票した。県連が総力をあげて日本祭りや百年祭に取り組むなら、対抗勢力を取り込んでほしい。
 昨年の文協選挙では、勝った上原シャッパが他の二シャッパのメンバーを統合することはなかった。そのしこりは今も続いている。だが、百年祭当日までは二年しかない。今回はその轍を踏まず、統合するぐらいの包容力のある取組み、話し合いを心がけてほしい。
 県人会を一世の代で終らせるのであれば、それもまた一つの美学。だが二世に引き継がせるなら試行錯誤も必要だ。今回の選挙結果は問いかけている。一世の居場所とは、県人会の役割とは何なのか、と。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大城バネサ=歌手生活15周年で南米公演=充実した1年を振り返る=「もっと『長良川悲恋』歌いたい」2019年2月5日 大城バネサ=歌手生活15周年で南米公演=充実した1年を振り返る=「もっと『長良川悲恋』歌いたい」  【岐阜県羽島発】アルゼンチン出身の日系歌手、大城バネサさん(37)が昨年、日本デビュー15周年を迎えた。現在、活動拠点としている岐阜県羽島市で1月17日に取材に応じ、南米3カ国公演や新曲発売など充実の1年を振り返った。  大城さんは亜国ブエノス・アイレス出身で、一世 […]
  • 徳島県人会の新会長は原田氏=賃貸問題は弁護士が交渉中2019年1月31日 徳島県人会の新会長は原田氏=賃貸問題は弁護士が交渉中  ブラジル徳島県人会(大原勝美会長)は26日午前、サンパウロ市ツクルビー区の同会館で19年定期総会を開催し、原田昇氏が会長に返り咲いた。  賃貸契約の更新を巡り、赤字運営に悩む県人会が昨年末に4割値上げを求めたため、カラオケ・ダンスで利用する日系文化協会との間でいさか […]
  • ■訃報■木原好規2019年1月30日 ■訃報■木原好規  和歌山県人会で長年会長を務めてきた木原好規さんが28日、癌のため亡くなった。享年82。葬儀は29日、市内アルピーナ火葬場で行われた。  木原さんは和歌山県紀の川市出身で、1960年に渡伯した。竹中商会に長年務め、和歌山県人会では05年から5期10年にわたって会長を務 […]
  • 3県合同新年会に約100人=協力し合って活動拡大=交流新鮮、おせちも好評2019年1月23日 3県合同新年会に約100人=協力し合って活動拡大=交流新鮮、おせちも好評  東京、埼玉、宮城の3県人会は19日、「3県合同新年会」をサンパウロ市の宮城県人会館で初開催した。各県人会員をはじめ、野口泰在聖総領事、松尾治文協副会長ら総勢100人が参加。数の子や黒豆、田作り、いくら、からすみ、エビフライ、煮豚、赤飯などが入った豪華な手作りおせち弁当 […]
  • コロニア10大ニュース=悲喜こもごもの1年振り返る=眞子さまご来伯、110周年祭典=日系候補大半落選、サ紙廃刊も2018年12月28日 コロニア10大ニュース=悲喜こもごもの1年振り返る=眞子さまご来伯、110周年祭典=日系候補大半落選、サ紙廃刊も  ブラジル日本移民110周年記念式典が行なわれた7月をピークに、記念行事が目白押しの1年となった。なかでもハイライトは、3月の皇太子殿下、7月の眞子内親王殿下のご来伯だ。サンパウロ州地方部まで足を伸ばされた眞子さまは、各地で感動の渦を巻き起こした。110周年実行委員会も短期決戦 […]