ホーム | 日系社会ニュース | 寺内一子さん=パッチワーク個展

寺内一子さん=パッチワーク個展

2006年6月17日(土)

 寺内一子さんのパッチワークの個展「キルト―織物の魂」が、二十七日から七月九日まで、鈴木章子さんのアートスペース(Av. Joan Paulo Ablas, 330, Jd. da Gloria-Granja Viana-Cotia-SP)で開催される。二十五日にイナウグラソン。
 風景や幾何模様をあしらったパッチワークが大き目の作品を中心に三十点ほど展示される。日本の生地を使ったものもあるが、ブラジルの柄を基調とした個性豊かな作品が並ぶ。
 寺内さんは「サンロッケでアトリエを始めて十年。けじめにと個展を開くことにしました。色使いにこだわって、迫力のある作品に仕上がっていると思います。ぜひ足を運んでください」と呼びかけている。
 イナウグラソンは午前十時から午後六時半まで。展示期間中は午後一時から午後六時まで。月曜日は休み。問合わせは鈴木さんまで(11・4702・3505か11・8169・2613)。

image_print

こちらの記事もどうぞ