ホーム | コラム | オーリャ! | ◇コラム オーリャ!

◇コラム オーリャ!


コラム 

 「オーリャ!」は記者にとって、一つの「息抜き」である。なぜなら、それは普段、客観性・中立性を前提として記事を書くことが求められる中、ここは数少ない「自分」を表現できる場所だからだ。この「三十三行の囲み」に「主観」を前面に書けるのだ。
 私の考えだが、記者は取材中自分というものを抑える。基本は聞きに徹し、相手に頷くのだが、このときに「自分はどう思うか」と考えながら話を聞いている間は、この話に対して疑問を抱くことができる。それがオーリャ!のネタになる。
 だが今、この息抜きの囲み記事が書けない。なぜか。それは、来伯当初の新鮮な感覚を忘れ、ただ全てのことを、それはそれで「当たり前」に思う自分がいるからだ。
 これではダメだ。もう一度、冷静に物事を見つめられる自分を取り戻さなくては。そんな風に強く思う。(泰)

2006/08/03

Copyright 2004 Nikkey Shimbun (Jornal do Nikkey)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ◇コラム オーリャ!2006年7月27日 ◇コラム オーリャ! コラム   三世の友人の話。「パラグアイから来た二世は日本語が上手だったから悔しくて。がんばろうと思った」。「私はまだまだ」と謙遜するが、冗談もことわざも難なくこなす彼女。 […]
  • ◇コラム オーリャ!2006年7月29日 ◇コラム オーリャ! コラム   二十一日から二十三日までバストス市で催された「第四十七回卵祭り」―。来場者は十五万人にも及び、バストス文化体育協会の日本語学校が作るオムレツは今年も大人気だった。 […]
  • ◇コラム オーリャ!2006年7月28日 ◇コラム オーリャ! コラム   秋田県人会で由利本荘追分会創立総会があった。沖縄などを除いた他県で町、市レベルでの親睦会があるのは珍しい。  私事で恐縮だが、記者の郷里は多く移民を送り出し、戦前は華美な服装で英単語を混ぜて話す「ハワイ帰り」という人が多くいた地域。 […]
  • ◇コラム オーリャ!2006年8月2日 ◇コラム オーリャ! コラム   知人の見送りで久しぶりにクンビッカ空港へ。訪日する人がよく利用する便だ。これまでにも見ているように、別れを惜しむ人たちがいる。  そこにその老夫婦はいた。子や孫だろうか、五、六人とともに。男性は車いすを使っていた。 […]
  • ◇コラム オーリャ!2006年8月1日 ◇コラム オーリャ! コラム   ブラジルに来て三ヵ月半。昨日初めてお金をたかられた。「ピザが食べたいから一レアルくれ」。さわやかな笑顔で親しげに、しかし、大声で同じことを何度もまくしたてる。 […]