ホーム | コラム | オーリャ! | ◇コラム オーリャ!

◇コラム オーリャ!


コラム 

 先日行われた藤間流日舞学校創立四十五周年のディナー舞踏会。スーツや着物といった『正装』に身をつつんだ紳士、淑女の関係者が多く集ったと、・・・そう思った。
 終始厳粛な雰囲気の中で幕を閉じた日舞の舞台。四十五年を積み重ねた舞を食い入るように見ていた「お客様方」。
 後には来賓祝辞と会主のあいさつ、乾杯、そしてディナーという流れだったが「カシャ、カシャ」。幕が閉まるや否や、舞台上での挨拶をそっちのけで目の前の料理を食べる、食べる。記念のケーキカットも知らん顔。
 「長い挨拶にうんざりするのもわからなくはない」。そう思えばどっちもどっち。けれども「人が話しているときには、手を休めて話を聞く」のが常では?
 伝統ある日舞の集まり、会主を囲む祝いの席だっただけに、やるせない。      (稲)

2006/08/08

Copyright 2004 Nikkey Shimbun (Jornal do Nikkey)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ◇コラム オーリャ!2006年7月27日 ◇コラム オーリャ! コラム   三世の友人の話。「パラグアイから来た二世は日本語が上手だったから悔しくて。がんばろうと思った」。「私はまだまだ」と謙遜するが、冗談もことわざも難なくこなす彼女。 […]
  • ◇コラム オーリャ!2006年7月29日 ◇コラム オーリャ! コラム   二十一日から二十三日までバストス市で催された「第四十七回卵祭り」―。来場者は十五万人にも及び、バストス文化体育協会の日本語学校が作るオムレツは今年も大人気だった。 […]
  • ◇コラム オーリャ!2006年7月28日 ◇コラム オーリャ! コラム   秋田県人会で由利本荘追分会創立総会があった。沖縄などを除いた他県で町、市レベルでの親睦会があるのは珍しい。  私事で恐縮だが、記者の郷里は多く移民を送り出し、戦前は華美な服装で英単語を混ぜて話す「ハワイ帰り」という人が多くいた地域。 […]
  • ◇コラム オーリャ!2006年8月2日 ◇コラム オーリャ! コラム   知人の見送りで久しぶりにクンビッカ空港へ。訪日する人がよく利用する便だ。これまでにも見ているように、別れを惜しむ人たちがいる。  そこにその老夫婦はいた。子や孫だろうか、五、六人とともに。男性は車いすを使っていた。 […]
  • ◇コラム オーリャ!2006年8月1日 ◇コラム オーリャ! コラム   ブラジルに来て三ヵ月半。昨日初めてお金をたかられた。「ピザが食べたいから一レアルくれ」。さわやかな笑顔で親しげに、しかし、大声で同じことを何度もまくしたてる。 […]