ホーム | 日系社会ニュース | 押し花絵の魅力知って=21、22日に展覧会=サンパウロ市

押し花絵の魅力知って=21、22日に展覧会=サンパウロ市

2006年10月19日付け

 「第六回押し花絵の展覧会」が二十一、二十二日の両日、リベルダーデ区のグラン・ヴィレ・ブフェ・サロン(タマンダレ街355)二階で開催される。
 押し花絵は、アジサイやバラ、蘭などの花に始まり、果物、とうもろこしや竹の子の皮、木の根っこなど様々な素材を利用して美しい景色や動物などを表現するアート。
 当日は、日本で押し花絵の技術を学んだ今井みどりさんと巽ミリアンさんのほか、二人が主宰する講座の生徒の作品計三百三十点を展示。押し花を使ったメッセージカードやしおり、小さな額の作品も販売する。
 三年前から始めた「押し花絵」講座。生徒数は徐々に増え、現在では約四十人にもなった。アチバイヤ、モジ、サンジョゼ・ドス・カンポスのほか、リオから通う人もいるという。
 「押し花の基本の花はアジサイ」と話す今井さんと巽さん。「アジサイの押し花の方法を習得してから、持っている花をかけ集めて工夫を凝らして作品に取りかかる」と説明する。
 「夢うつつで押し花絵を作るんですよ」と話すのは、生徒の中で最年長の中口千鶴さん(76)。まず、頭で作りたいものを想像し、絵で描き上げたのち作品作りを始めるという。第一回目から参加している古山千枝子さんは、「綺麗な花を活かすことを考えて作品に取りかかる」とその魅力を語った。
 人によってアイディアもテクニックも変わる押し花絵。来社した関係者は「どうぞご覧になってください」と来場を呼びかけた。
 開場時間は二十一、二十二両日とも午前十時から午後六時。入場無料。駐車場あり。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ニッケイ俳壇(883)=富重久子 選2016年4月8日 ニッケイ俳壇(883)=富重久子 選    セザリオランジェ      井上 人栄乱れ棹すぐ立て直し雁渡る【「雁渡る」といえばすぐ、「かりかりわたれ おほきなかりはさきに ちひさなかりはあとに なかよくわたれ」という童謡を口ずさむが、この句の通り少女の頃はよく夕焼け空を棹になったり、かぎになったりして西の空へ消えて […]
  • ニッケイ俳壇(865)=星野瞳 選2015年11月27日 ニッケイ俳壇(865)=星野瞳 選 アリアンサ  新津 稚鴎 白き月浮べ広野は草の春 鳴きそろう夜蝉に今宵の月遅し 白蝶の黄色い卵貝割菜 牧の沼に映りて今朝のイペーの白 菜飯焚き二人の生活始めけり […]
  • 《ブラジル》経済基本金利6.5%据え置き=低インフレ続き、低金利を継続2019年2月8日 《ブラジル》経済基本金利6.5%据え置き=低インフレ続き、低金利を継続  今年初めてのブラジル中銀、通貨政策委員会(Copom)が5、6日に開かれ、経済基本金利(Selic)は満場一致で現在の年利6・5%のままで据え置きとなったと、7日付現地各紙が報じた。  ボルソナロ政権発足後、初の開催でもあったCopomは、昨年3月より、7会合連続で […]
  • 新潟農業研修=母県から4人、農家を視察=1400haの大豆農場も2019年1月30日 新潟農業研修=母県から4人、農家を視察=1400haの大豆農場も  新潟県が実施する「平成30年度農業青年等国際交流推進事業」を通じて、青年農業者4人が来伯した。一行は各地で活躍する新潟県人を中心とする日系農家を視察して見聞を広め、23日に帰路に着いた。  本制度は89年に始まり、92年からは新潟への研修生受入がはじまる形で、隔年で […]
  • 援協が新体制で1月定例会=創立60周年キャンペーン承認2019年1月30日 援協が新体制で1月定例会=創立60周年キャンペーン承認  サンパウロ日伯援護協会(与儀昭雄会長)は「1月定例役員会」を24日、援協本部ビルで開催した。19、20年の新執行部が発足してから初の役員会となった。  議事及び報告では、日伯福祉援護協会の定款改訂、ならびに、援協創立60周年記念キャンペーンの実施が承認された。   […]