ホーム | 日系社会ニュース | 調味料2種発売=さくら・アリメントス社

調味料2種発売=さくら・アリメントス社

2007年3月21日付け

 創業一九四〇年、日本食品業界の老舗のさくら・アリメントス社がこのほど、同社独自のブランドである「Kenko(健康)」シリーズの新商品として、「ヴィーニャ・ダーリョス」「テンペイロ・カゼイロ」の二つの調味料を発売した。標準小売価格は約四レアル。
 前者は三百四十グラム入りで、二キロまでの肉を味付けすることができる。五百グラムの肉をマリネにするには、二百ミリリットルの水とスプーン四杯の「ヴィーニャ・ダーリョス」を混ぜてつくったソースで、三十分ほど冷蔵庫に寝かせるだけと簡単だ。
 基本成分はにんにくやたまねぎ、酢、オレガノ、ローリエ、ローズマリーなど。ポルトガルの伝統的な味つけをイメージしており、おいしさと豊かな風味を保証する。
 後者は肉の味付けに加えて、野菜炒めなどにも向いている。たまねぎとにんにくのみじん切り、塩こしょう、酢、油に加えてトマトや各種ハーブのエキスでできている。容量三百グラム。スプーン五杯で二百五十グラムの肉を味付けするのが目安だ。
 「Kenko(健康)」は、実用的で健康面を重視した商品シリーズ。パルミットやアスパラガスなどのかんづめ、にんにくソースをはじめとした各種液体ソースなど、多数のシリーズ商品がすでにマーケットに並んでいる。

image_print

こちらの記事もどうぞ