ホーム | 日系社会ニュース | 全部の味を楽しんで=今年も3県屋台まつり

全部の味を楽しんで=今年も3県屋台まつり

2007年3月27日付け

 愛知、和歌山、大分三県人会の共催による「屋台まつり」が四月一日、サンパウロ市の愛知県人会館(Rua Santa Luiza,74)で開かれる。昨年は約五百人が訪れるにぎわいを見せた同イベント。八回目の今年も、各県それぞれの「郷土の味」が用意される。
 和歌山からは、県連フェスティバルで約四千食を売り上げた「関西風お好み焼き」。日本から取り寄せた桜海老が味の秘訣だ。
 大分からは、こちらもフェスティバルでおなじみの「トリ飯」と「ダンゴ汁」。ダンゴ汁の生地にはパラグアイ・イグアス移住地産の小麦粉を使うという。
 昨年は味噌串カツが好評だった愛知。今年は、昨年購入した餅つき機で作った白餅、ぜんざいのほか、うどん、テンプラなどを準備する。
 いずれの食事も四~五レアル程度で販売予定。なお白餅(一袋約五百グラムで五レアル)は準備の都合があるため、購入希望者は三月二十九日までに事務局(11・5041・7567)に申し込みが必要。
 愛知の伊藤アンテノール会長、伊藤美和子婦人部長、和歌山の木原好規会長、大分の伊東信比古理事が案内のため来社。「全部の料理を味わってください」と来場を呼びかけた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 岩手県人会が盛大に記念式典=創立60年と移住100周年=母県や国外から40人以上迎え2018年9月6日 岩手県人会が盛大に記念式典=創立60年と移住100周年=母県や国外から40人以上迎え  ブラジル岩手県人会(千田曠暁会長)は「県人会創立60周年・県人移住100周年記念式典」を先月26日、サンパウロ市リベルダーデ区にある電気工組合ホールで開催した。母県から達増(たっそ)拓也知事、佐々木順一県議会議長をはじめ、市町や企業の代表者、郷土芸能使節団ら約40 […]
  • 第20回迎える県連日本祭り=祭典の歴史振り返る=日伯繋ぐ重要な懸け橋に2017年1月1日 第20回迎える県連日本祭り=祭典の歴史振り返る=日伯繋ぐ重要な懸け橋に  2017年7月7~9日、コロニアを代表する祭典『日本祭り』が第20回目の記念すべき節目を迎える。「海外最大の日本祭り」と称される同イベントの歴史を振り返り、また、日本祭りの祖となった「郷土食郷土芸能祭」を始めたブラジル都道府県連合会の網野弥太郎元会長に、当時の様子を尋ねた […]
  • 国体で母県へ、岩手県人会=伝統芸能で開幕に「誇らしい」2016年10月22日 国体で母県へ、岩手県人会=伝統芸能で開幕に「誇らしい」  今月11日に閉幕した希望郷いわて国体のため、ブラジル岩手県人会から千田曠暁会長ら6人が日本を訪れた。1日の開会式を現地で観戦したほか、県庁への表敬訪問や他国の県人会と交流する機会も設けられた。  一団は28日に県庁を訪問し、その後、県人会報への記事提供などで交流のある岩 […]
  • パラナ州知事と会談、連携強化へ=兵庫県副知事ら県庁一行=州都で紹介セミナー開催2016年9月20日 パラナ州知事と会談、連携強化へ=兵庫県副知事ら県庁一行=州都で紹介セミナー開催  パラグアイ日系人移住80周年式典にあわせ、兵庫県の荒木一聡副知事ら県庁一行が来伯した。10日にサンパウロ市のニッケイパラセホテルで兵庫県人会(松下瞳マルリ会長)から歓迎を受けた後、11日に友好提携先のパラナ州都クリチーバ市で兵庫県主催の「ひょうごセミナー」を開催。12日に […]
  • 大耳小耳2016年9月6日 大耳小耳  パラグァイのイグアス農業協同組合機関紙「組合だより」192号によれば、熊本地震被災者復興支援として、農協職員有志が焼き鳥や巻き寿司などを作って販売し、その売上金を寄付した。大使館を通して送金され、後日、在パ熊本県人会からの感謝状が届いたとか。その書面には《送られて来ました日本 […]