ホーム | 日系社会ニュース | バウルー文協=将棋王将戦

バウルー文協=将棋王将戦

2007年3月30日付け

 [バウルー]バウルー将棋愛好会(浜田茂会長、安達義光副会長、梶原四男美企画部長)は、四月八日午前九時から、バウルー文協会館で第四十九回王将戦を主催する。ノロエステ将棋連盟傘下の各地愛好会の持ち回り開催で、バウルーは今年が当番。同地方の愛好者多数の参加が見込まれる。
 同愛好会は、毎年三月、地元の朗人クラブ福寿会(老人クラブ)の応援を得て餅つきを行い、基金の補強につとめている。毎回、五百キロほどをつき、販売、年間行事の費用に充て、特別の寄付などは集めていない。今年は、去る三月二十四日、行った。四台の餅つきマキナも使用、午前四時から始め、午後一時には六百キロの餅ができあがり、注文した人たちに渡された。(酒井威夫通信員)

image_print

こちらの記事もどうぞ