ホーム | 文芸 | 刊行 | 刊行物

刊行物

2007年3月31日付け

 『ブラジル日系文学』武本文学賞(第二十四回)特集が発行された。入賞は小説部門の「植民地は花盛り」(森淳介)のみで、翻訳、随筆、短歌、俳句、川柳、詩の各部門の佳作作品がそれぞれ一~四編掲載されている。連載・ブラジル文学「ガイジンの子」(サムエル・ラヴェ作、小高利根子訳)、同「時と風」あるロドリゴ大尉=第八章(エリコ・ヴェリッシモ作、田畑三郎・八巻培夫共訳)、ほか。
     ◇
 文芸同人誌『国境地帯』(十七号、発行・編集=菅沼東洋司さん、アルミニオ市)が発行された。追悼作品「黒い海鳴り(二十二枚)」(故リカルド宇江木)、「リカルド宇江木の世界」(伊那宏)、長編詩「カルナバル」(則近正義)、自伝的回想「文化人類学入門私記」(第二回・八十七枚、前山隆)、随筆「子供のための教育を思う」(富岡絹子)、ほか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 中島宏著『クリスト・レイ』第133話2021年3月20日 中島宏著『クリスト・レイ』第133話  心配するとすれば、そちらの方がまず、優先されるべきだろうね。真剣に語り合えば、誤解とか曲解というものは、自然に消えていくと僕は信じるし、僕たちもそのぐらいの水準には到達したいと思ってるよ」  マルコスとアヤとの対話は、かなり微妙で重要な局面に入りつつある。  変なガイジン […]
  • 中島宏著『クリスト・レイ』第123話2021年3月3日 中島宏著『クリスト・レイ』第123話  そりゃあ,外国人の多くが怠け者で、問題ばかりを起こすのだったら、考えなければならないでしょうけど、でも、現実は決してそうじゃないでしょう。ナショナリズムも分からないことはないけど、ブラジルのことを考えるとまだ外国人を規制するのは早いのじゃないかしら。もちろん、最近は世界の情勢 […]
  • NHK=「ワタシたちはガイジンじゃない!」=ブラジルでも11日視聴可能2021年2月10日 NHK=「ワタシたちはガイジンじゃない!」=ブラジルでも11日視聴可能  【既報関連】旧年12月に日本のNHK・BS1で放送された「ワタシたちはガイジンじゃない!」が、ブラジルでも視聴可能なNHK国際放送(ワールドプレミアム)で11日10時20分~11時33分まで放送される。  この番組は名古屋市内の団地で長期密着を行い、愛知、静岡、岐阜 […]
  • 中島宏著『クリスト・レイ』第115話2021年1月29日 中島宏著『クリスト・レイ』第115話 「それがつまり、伝統と文化から生まれてきたものと考えるわけね。この場合は、文化や習慣というものが、必ずしも文明の邪魔をするものではないということなのね。なるほど、そういう見方もあるわけね。やはり、こういうことはマルコスのように、外部の人間から見ることによって焦点がはっきりしてく […]
  • ≪記者コラム≫コロナ世界大恐慌の日系社会を回顧、新年を展望2021年1月5日 ≪記者コラム≫コロナ世界大恐慌の日系社会を回顧、新年を展望 「コロナ世界大恐慌」的様相を呈した2020年  「自分が生きている間に、こんなひどいことが起きるなんて想像もできなかった」―パンデミックの間、編集部に電話をくれたたくさんの読者と話をしていて異口同音にこの台詞を聞いた。読者の大半は80代、90代だから、昨年我々はどれだけ特殊な […]