ホーム | 日系社会ニュース | ■記者の目■―――〝薄氷の勝利〟重く受け止めよ

■記者の目■―――〝薄氷の勝利〟重く受け止めよ

2007年5月1日付け

 今回、統一シャッパを作ることが全候補者の念願だったはずだが、決選投票での統一シャッパの夢も潰えた。
 しかし、一票が他派に流れていれば、決選投票にもつれ込んだほどの僅差。上原二期への厳しい評価、大いに割れた結果と見ていい。
 選挙前の状況から、現体制を後押しするとされ、責任逃れの中立白票が、〃薄氷の勝利〃に繋がったともいえる。
 首の皮一枚で繋がった新執行部への風当たりが、反体制派が半数いる評議員会でも強くなることは必至だろう。
 評議員会長に選ばれることで、ようやく簾の向こうから姿を見せた渡部和夫氏が就任あいさつで述べたように、「選挙の盛り上がりが文協改革の成果」であるとするならば、この熱を冷まさせてはならない。
 一世VS二世の対立構造が浮き彫りとなった〇五年の選挙後、上原二期目スタート時の「一世を取り入れる」という〃公約〃は果たされなかった。今回同じ轍を踏むべきではない。
 新執行部の最初の仕事は、〃象徴会長〃の代わりに執行力を持つ合議制(Comite de Coordenadores)の確立だという。
 しかし、総辞職した岩崎会長時代の執行部(文協改革のきっかけと作ったとされる当時の執行部)の山下ジョルジ、木多喜八郎の両氏、体調を崩しているとされる多羅間俊彦氏、日系最大級の団体の理事長だが個人としてのリーダーシップには疑問の残る栢野定雄氏の四氏がその大任を担うことには、選挙前から疑問の声が出ていた。
 再度、評議員会内で選挙しなければならないが、再構成は可能だ。そして、十五人の理事の人選をどうするかが新執行部の手腕が問われるところだろう。
 第一回目の評議員会。ほぼ百パーセントの出席だったが、二回目はどうなるだろう。
 事業・決算報告、予算案の討議が始まるや否や、カフェに立ち、雑談、相談で会場はざわついた。
 評議員、理事会選挙が終わり、最後の監査役会選挙の開票結果には誰も耳を傾けず、新執行部のあいさつの会場は閑散、まさに〃祭りの後〃。
 定款の改正で評議員会が総会の役割も果たすことになった意味合いを理解しているのか。文協会員は約二千五百人。各評議員の肩に二十五会員の責任があることを認識すべきだろう。
 前回は選挙で燃え尽きてしまったのか、数カ月、運営が停滞。「一年間に二度カーニヴァルがあった」と皮肉る声も。
 新執行部は勝利の美酒に酔いしれている場合ではない。特に財政再建は急務であり、年々、余剰金を食いつぶすような運営をいつまでも続けている訳にはいかない。
 まずは、頭を下げるのをいとわず資金集めのできる人物、強力なリーダーシップをもった人、日本との強い絆のある人材を早急に執行部に取り込む必要がある。
 百年祭に向けた文協なりの取り組みを明確にするのに、残された時間はごくわずかだ。
 祭りは終わった。休んでいるヒマはない。本番は目の前だ。  (剛)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》ミリシア殺害 謎残すアドリアーノの死 誰かが警察に密告した?2020年2月12日 《ブラジル》ミリシア殺害 謎残すアドリアーノの死 誰かが警察に密告した?  【既報関連】10日にバイア州エスプラナーダの農園で警察によって射殺された、リオ市のミリシア(犯罪者の民兵組織)の首領、アドリアーノ・ダ・ノブレガ容疑者の死に関し、疑惑が浮上していると、11日付現地紙が報じている。  アドリアーノ容疑者には19年1月に逮捕令状が出ており、昨年 […]
  • 『椰子樹』 366号2015年10月21日 『椰子樹』 366号  『椰子樹』9月号(366号)が刊行された。 「わが愛する歌人(18)木下利玄」(石川一成)、「朝の道」(川上美枝)、「ユーカリ植林」(酒井祥造)、題詠「店・たな・てん」ほか。 […]
  • フ・ロッシャ少年院 受刑20人が脱走=3日毎の騒動繰り返す2003年2月19日 フ・ロッシャ少年院 受刑20人が脱走=3日毎の騒動繰り返す 2月19日(水) […]
  • ブラジルは女性の天国にあらず2015年6月3日 ブラジルは女性の天国にあらず  5月27日にピアウイ州で少女4人が未成年者4人を含む5人組から暴行、強姦後に崖から投げ落とされるという事件が起きた。同12日には、サンパウロ市南部の州立校のトイレで12歳の少女が男子生徒3人から輪姦された▼どちらも涙した後に訳した。被害を受けた少女達の心と体に残る傷や恐怖 […]
  • 政治改革特別委員会報告員のマルセロ・カストロ下議(Wilson Dias/Agencia Brasil)2015年5月26日 政治改革案合意の道険し=両院、各政党主張譲らず=選挙改革に不退転の下院議長  マルセロ・カストロ下議(PMDB・民主運動党)による政治改革法案報告書の検討が25日に下院の特別委員会で始まり、その後3日かけて下院本会議で審議される予定だが、政治改革に関する上下両院、各政党の見解の相違は埋めがたく、またしても、掛け声だけで終わりそうな様相を呈していると […]