ホーム | 日系社会ニュース | 5割以上が「移住して良かった」=宮城=母県の調査に県人会が協力

5割以上が「移住して良かった」=宮城=母県の調査に県人会が協力

2007年5月10日付け

 五割以上が「移住してよかった」――。宮城県の宮城ブラジル交流協会がこのほど、ブラジル宮城県人会との協力で同県からの移住者にアンケート調査を実施、その結果を現地の「河北新報」が報じている。
 同調査は、来年のブラジル日本移民百周年を機に県人移住者の暮らし振り、意識などを探ることが目的で、昨年末にかけて、宮城県人会員約二百人を対象に行なわれたもの。年齢や渡伯年月日のほか、「移住の自己評価」「ブラジル国への感想」「日本政府の移住政策」「宮城県の移住者への対応」など、日ポ両語の選択式アンケートになっている。
 宮城県人会(中沢宏一会長)にアンケート協力の依頼があったのは昨年の九月頃。友好協会と県人会との間で質問項目を検討後、会員に送付したほか、敬老会の出席者などからも回答を得た。
 回答者は百二人。「移住の自己評価」の項目では一六・七%が「大変良かった」、四〇・二%が「良かった」と回答。
 一方で日本政府の移住政策については、「不十分」が三七・三%を占め、「評価する」(三二・四%)を上回った。同紙の報道によれば、「移民の実情を知らなすぎる」「送り出しただけで後押しがない」「実際は棄民」といった意見も寄せられたという。二重国籍の承認を求めるものや、政府の移住支援縮小への不満の声もあったようだ。
 県の移住者への対応に関しては、宮城県が実施する敬老金制度の存続を求めるものが多かったという。
 今回のアンケートでは、同県人会員六百人のうち、回答は約二割。移住者全体の意見を反映しているとは言いがたい。
 調査に協力した中沢宮城会長も、戦前移住者の家長世代の多くが亡くなっていることや、戦前と戦後移住者の区別なく対象にしていることについて、「多少無理があったかもしれない」と振り返る。
 一方、都道府県の交流協会が主体となって移住者を対象にした調査が行なわれるのは稀なケースと言える。中沢会長は「百周年の節目にこういう調査が行なわれたことは意義あることだと思う。他の県人会でもこういう動きがはじまれば」と話している。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 「餅は搗かれ叩かれ味が出る」=激動の年の暮れ、餅つき祭り2019年1月4日 「餅は搗かれ叩かれ味が出る」=激動の年の暮れ、餅つき祭り  大晦日のサンパウロ市風物詩、リベルダーデ文化福祉協会(ACAL、池崎博文会長)が主催する第48回餅つき祭りが、31日午前9時からリベルダーデ日本広場で開催され、2万袋の紅白餅が配られたほか、グローボ局が昼のニュースSPTVで生中継した。  まず来賓らが順番に餅つきに […]
  • コロニア10大ニュース=悲喜こもごもの1年振り返る=眞子さまご来伯、110周年祭典=日系候補大半落選、サ紙廃刊も2018年12月28日 コロニア10大ニュース=悲喜こもごもの1年振り返る=眞子さまご来伯、110周年祭典=日系候補大半落選、サ紙廃刊も  ブラジル日本移民110周年記念式典が行なわれた7月をピークに、記念行事が目白押しの1年となった。なかでもハイライトは、3月の皇太子殿下、7月の眞子内親王殿下のご来伯だ。サンパウロ州地方部まで足を伸ばされた眞子さまは、各地で感動の渦を巻き起こした。110周年実行委員会も短期決戦 […]
  • 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」2018年12月18日 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」  なんと早い1年だったか――予想はしていたが、まさに「アッという間」だった。5月にはトラックストという未曽有の大混乱があり、日本進出企業や日系地場企業も大打撃を受けた。それ以降、6月にサッカーW杯ロシア大会、7月に眞子さまをお迎えして日本移民110周年祭、8月から選挙運 […]
  • 平成最後の天皇お誕生日祝賀会=ご夫妻の肖像画に向かい万歳三唱2018年12月6日 平成最後の天皇お誕生日祝賀会=ご夫妻の肖像画に向かい万歳三唱  今上天皇陛下としては最後となる『天皇お誕生日祝賀会』が5日午前9時、移民史料館9階にある若き日の両陛下を描いた肖像画の前で今年も開催され、約50人が参加した。文協、援協、県連、アリアンサ、熟連などが共催した。  日伯両国歌を文協合唱団の主導で唱和した後、呉屋春美文協 […]
  • 移民の父、上塚周平の半生描く=熊本市劇団、記念公演10月に2018年8月9日 移民の父、上塚周平の半生描く=熊本市劇団、記念公演10月に  プロミッソン上塚周平植民地百周年ならびにブラジル熊本県人会創立60周年の節目を祝して、熊本市の劇団夢桟敷(坂本真理代表)が来伯記念公演『万華鏡~百年物語』を今年10月に企画している。  前身である旧劇団笠戸丸が、本紙の高木ハウル社長の招聘で移民百周年の翌09年に来伯 […]