ホーム | 日系社会ニュース | 日本〃らしさ〃とは何か=短い日本語で表現を――日本政府内閣官房が協力求める=公募、締め切り6月22日

日本〃らしさ〃とは何か=短い日本語で表現を――日本政府内閣官房が協力求める=公募、締め切り6月22日

2007年5月17日付け

 日本政府の内閣官房「美しい国づくり」推進室からこのほど「プロジェクトに協力を」といってきた。推進室はいま、多くの人たちから、それぞれが思う日本の〃らしさ〃や〃ならでは〃を日本語で表現してもらう公募を始めている。「美しい国づくり」企画の第一弾だ。題して「美しい日本の粋(すい)」。海外に住んでいて、初めて気づく日本らしさ、というものもあるでしょう、と応募を誘っている。
 募集内容は、つぎの(1)と(2)を日本語にすること。
 (1)日本の〃らしさ〃〃ならでは〃である「美しい日本の粋(すい)」とは何ですか。(三十一字以内にまとめる)
 (2)それを選ぶ理由は何ですか。また、それは、あなたの日々の暮らしの中で、どのようなものとして表れていますか。(百字以内にまとめる)
 どのようなものが、日本の〃らしさ〃〃ならでは〃であるかといえば、「日本がさまざまな分野で本来持っている良さや香り豊かなもの」「失われつつあるが、途絶えさせてはいけないもの」「かつて美しかったが美しくなくなってしまったもの」「実はその美しさにまだ気がついていないもの」、そして「これから作り上げるべき美しいもの」。
 たとえば、「山・森・海といった自然や、田園や里山、瓦屋根のある町並み」「日本語の美しさ」「謙譲の美徳、礼儀正しさ、凛とした立ち居振舞い」「畳や襖(ふすま)のある生活、障子からもれる光」「日本食」「匠のワザ、省エネルギーを実現する先端技術」「調和や融和の精神、勤勉さ」。これらが、企画室があげた例だが、もちろん、応募者の独自の感性で指摘できるものがあれば、望ましいのである。
 「美しい国づくり」企画会議がすでに設置されており、その有識者に平山郁夫(日本画家)、山内昌之(東大教授)、井上八千代(京舞井上流五世)、岡田祐介(東映社長)、萩野アンナ(慶大教授)、川勝平太(静岡文化芸術大学学長)、庄山悦彦(日立制作所社長)らの名がある。
    ◇
 応募方法は、氏名、年齢、性別、職業、住所、連絡先(電話番号またはメールアドレス)を明記の上、「美しい国づくり」プロジェクト公式ホームページhttp://www.kantei.go.jp/be_Nippon/
に記入するか、郵送で応募する場合は、
〒105―0001 東京都港区虎ノ門3―2―2 虎ノ門30森ビル1階 内閣官房「美しい国づくり」推進室「美しい日本の粋(すい)」係
 すでに四月二十日から募集されており、締め切りは六月二十二日である。問合せ電話03・5472・1350(土曜、日曜、祝祭日を除き午前九時半~午後六時、日本時間)
 推進室では、応募にあたって記入されたすべての個人情報は、内閣官房で管理し、企画を運営するために必要な範囲のみで使用する、また応募の段階で応募内容の著作権は内閣官房に帰属する、と断っている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》勤労収入ない世帯22%に=不況による雇用悪化を反映2019年6月20日 《ブラジル》勤労収入ない世帯22%に=不況による雇用悪化を反映  応用経済調査院(Ipea)が18日、ブラジルでは第1四半期に勤労収入がゼロだった世帯が22・7%もあったと発表したと19日付現地紙が報じた。  勤労収入がゼロの世帯は、生活扶助(ボウサ・ファミリア)や年金、株の運用などで収入を得ている世帯だ。景気後退が始まった14年第1四半 […]
  • サンパウロ州海岸部で連続殺人=4日、7日で12人死亡=警官殺害との関連性は?2012年10月9日 サンパウロ州海岸部で連続殺人=4日、7日で12人死亡=警官殺害との関連性は? ニッケイ新聞 2012年10月9日付け  サンパウロ州海岸部バイシャーダ・サンチスタのグアルジャーとサントスで、4日と7日に、警官が殺害された後に連続殺人が起きるという事件が続き、12人が殺されたと6、8日付伯字紙が報じた。 […]
  • サンパウロ州オザスコ市=スーパーの犬の虐待死、捜査へ=ネット上での反響すさまじく2018年12月7日 サンパウロ州オザスコ市=スーパーの犬の虐待死、捜査へ=ネット上での反響すさまじく  ネット上で大きな話題を呼んでいる、サンパウロ大都市圏オザスコ市のスーパーマーケットで、警備員が犬を乱暴に扱って死なせた件に関して、サンパウロ州検察局が調査をはじめることを決めた。6日付現地紙が報じている。  これは11月28日、同市のスーパー「カルフール」で、警備員がスーパ […]
  • 東西南北2020年5月15日 東西南北  ボルソナロ大統領は12日夜、エスタード紙が最高裁に持ち込んで要請していた、新型コロナウイルスの検査結果の提示を行った。3回の検査の結果がすべて陰性だったことは13日に発表された。ただし、検査は全て「アイルトン」「ラファエル」「05」という偽名で行われていた。また、2回分は納税 […]
  • コラム 樹海2010年4月9日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2010年4月9日付け […]