ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

2007年5月17日付け

 六日朝、サンパウロ市の文化イベントであるビラーダ・クルツラウの会場の一つ、パイサンドゥー広場でアフリカから黒人が持ってきた踊り(コンガーダ)を披露するグループを見た。そのリズムやメロディ、打楽器は明らかに独特の文化を主張していた。その姿を見て、なんとなく「ブラジルも一皮むけば真っ黒なんだ」と意外に思った。サンパウロ市だけでなくエスピリット・サント州、ミナス州、ゴイヤス州からも来ていた▼各地の黒人コミュニティを代表する彼らは「この踊りにはアフリカ伝来の文化が継承されている」と高らかに宣言し、会場から大きな拍手を受けた。カトリック教会に伝統芸能を奉納する団体として、アフリカ文化は生き残っているようだ▼そのあと神父は、「我々は同じブラジル人である」と言いながら、広場の中央に建つ教会を指さし、「ここはかつて黒人が入ることを禁じていた。その歴史を反省し、忘れないようにするためにここでミサをするのだ」と民衆に語りかけた▼ブラジル人とは何だろうと考え込んだ。三百年前、四百年前に奴隷として連れてこられたアフリカ系はとっくにブラジルに統合されている気がしていた。だが、自らのアイデンティティの一端を残そうともがいている。事実、彼らの持ち込んだ音楽、食べ物はすでにブラジル文化の一部だし、彼らの存在はブラジル史そのものだ▼各民族が自らの文化、出自を残しながらブラジルという文明に統合する道を模索している。日系コロニアが日本文化を継承させようとする活動も、ある意味でコンガーダと同じく、ブラジル文化の一部なのだと思った。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 雷神太鼓、初めての資金カンパ=集めたお金でメンテナンス=岩手県人会2007年10月30日 雷神太鼓、初めての資金カンパ=集めたお金でメンテナンス=岩手県人会 ニッケイ新聞 2007年10月30日付け  岩手県人会で二十一日午前十一時から、雷神太鼓(楠昌男団長)主催の第一回焼きそば祭りが開かれた。約二百人の来場者が訪れ、舌鼓を打った。 […]
  • 将棋連盟=第61回名人戦開催=90歳以上は参加無料=24日2008年8月7日 将棋連盟=第61回名人戦開催=90歳以上は参加無料=24日 ニッケイ新聞 2008年8月7日付け  ブラジル将棋連盟(奥田定会長)は二十四日、サンパウロ市リベルダーデ区の同連盟会館(ガルボン・ブエノ街19番)で「第六十一回将棋名人戦大会」を開催するにあたり、参加者を募集している。 […]
  • わが移民人生=おしどり米寿を迎えて=山城 勇=(15)2017年6月30日 わが移民人生=おしどり米寿を迎えて=山城 勇=(15)  わが富山中隊が駐屯する地区はこの駅から15km、徒歩で約3時間半を要すると云う。そして夢に描いた「曠漠千里...」の大平原とは程遠い山あり丘あり小川など山紫水明の地であった。かつてロシアが森林鉄道を敷設し無限の密林を伐採し、この鉄道で運びだしたと云われている。付近には大木の切 […]
  • 大耳小耳2012年11月14日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2012年11月14日付け […]
  • 百周年協会=「浄財をお寄せください」=松尾執行委員長呼びかけ2008年2月21日 百周年協会=「浄財をお寄せください」=松尾執行委員長呼びかけ ニッケイ新聞 2008年2月21日付け  「額の大小に関わらず、ぜひとも浄財をお寄せください」。ブラジル日本移民百周年協会の松尾治執行委員長は呼びかける。十九日現在で、すでに五十人(団体)近くから合計約百万レアルが寄せられた。  しかし、式祭典だけでも一千万レアル以上の予算 […]