ホーム | 文芸 | 刊行 | 刊行物

刊行物

2007年6月7日付け

 『火焔樹』(六月号)が発行された。扉の一句「二大河の色まじわらず秋天下」(要一郎)、「金風忌(十一句)」(その一句「黄蝶とぶ耕地いよいよ真昼刻」要一郎)、雑詠(要一郎選、その一句「濁流の波立ち白し秋出水」ピラポーラ工藤武子)、ほか。
    ◇   ◇
 あらくさ短歌会の合同歌集(第三号)が発行された。同会の会員は現在二十人前後。若い人の参加もあり、活気が出ているという。今回は、会員、故人の短歌随想、さらに短歌のポ語訳(十五人分)などが収録されている。〇四年合同記念歌集、〇五年第一合同歌集、〇六年第二合同歌集、そして今回が第三号である。

image_print

こちらの記事もどうぞ