ホーム | 日系社会ニュース | 銃器登録をしよう=小田俊勝さんが説明会

銃器登録をしよう=小田俊勝さんが説明会

2007年6月29日付け

 現在、銃器(ピストル)などを持っている人は、銃器登録をしなければならない。七月一日午前八時から、文協ビル展示室で、小田俊勝さんが銃器登録と銃の破棄の仕方について説明会を行う。従来は、ポリシア・シヴィルが銃器登録をしていたが、現在はポリシア・フェデラルと軍がコントロールしている。どちらでも銃器登録が可能。早めの申請を呼びかけている。
 従来は六種類の書類が必要だったが、無犯罪証明も必要となった。もし、銃の不法所持で逮捕された場合、最長五年間の刑期となる。
 小田さんが、九七年まで聖市グロリア街で経営していた銃砲器店だけで、一万五千人以上が購入しているという。当時の顧客名簿の住所からたどっても転居した人が多く、ほとんど連絡が取れないという。「もし捕まったら冗談じゃすまないです。どんな銃器でも登録、破棄、何でも相談を受け付けます」と話した。詳細はOSK社(11・3104・4901、toshikazuoda2001@yahoo.co.jp)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ