ホーム | 日系社会ニュース | 県連弁論大会=出場者を募集

県連弁論大会=出場者を募集

2007年7月6日付け

 ブラジル日本都道府県人会連合会とASEBEX(留学生・研修生OB会)共催の「県連第一回弁論大会」が十一月十八日午後一時からブラジル日本文化福祉協会小講堂で開催されることが決まった。主催者で現在、出場者を募集している。
 同大会は「日本の伝統文化をブラジル発展、繁栄のために伝えることのできる指導者を育成する」ことを目的に実施。テーマは「私たちにとって日本移民100周年とは」と「これまでの日系人の足跡を踏まえ、現状を認識し、日本の将来を考える」の二つで、弁論は日本語で行う。内容、日本語表現力、音声表現力の三部門で審査し、五位までの入賞者には日本語の電子辞書が送られる。
 募集対象は一五~三〇歳までの青年男女。日系、非日系を問わず、参加人数は三十~三十五人程度。
 主催者では各県人会、日本語学校、ASEBEX、日系文化協会、公文、その他の団体を通しての参加を希望。申し込み期限は十月二十日。詳細は県連(11・3277・8569)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 鳥取県人会が創立65周年=150人で盛大にお祝い=母県慶祝団20人迎え=功労者表彰、記念品贈呈も2018年7月31日 鳥取県人会が創立65周年=150人で盛大にお祝い=母県慶祝団20人迎え=功労者表彰、記念品贈呈も  ブラジル鳥取県人会(山添源二会長)は24日午後6時、サンパウロ市のブラジル鳥取交流センターで、創立65周年式典を開催した。母県からは岡村整諮統轄監、深澤義彦鳥取市長ら20人が慶祝に駆けつけ、会員約150人が出席して盛大に祝った。  慶祝には岡村統轄監、深 […]
  • 移民の日に寄せて=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田 康夫2018年6月20日 移民の日に寄せて=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田 康夫  笠戸丸移民に始まる日本移民の歴史も110周年を迎え、日本人の数は年を追うごとに減少しておりますが、私どもの子孫であります二世、三世、四世、五世、そして六世では成人に達した人もあり、七世も近いかと思われます。  毎年、六月十八日の『ブラジル日本移民の日』にイビラプエラ […]
  • ごあいさつ2018年1月3日 ごあいさつ 謹んで新年のお慶び申し上げます=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田 康夫  謹んで新年のお慶び申し上げます。  旧年中はいろいろとご支援をいただき、心より感謝申し上げます。  海外最大の日系人集団地ブラジルは、節目の移民110年周年を迎えました。  県 […]
  • 2017年1月元旦=新年のご挨拶2017年1月1日 2017年1月元旦=新年のご挨拶 新年に考えること=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田康夫  謹んで新年のお慶び申し上げます。  旧年中はいろいろとご支援をいただき、心より感謝申し上げます。 […]
  • 【2016年移民の日特集号】ごあいさつ2016年6月23日 【2016年移民の日特集号】ごあいさつ 移民の日に思うことブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田 康夫 ブラジルの日本移民は今年108年、戦後の移住が再開されて63年になり、戦前、戦後を通じてブラジルに移住した日本人の数は25万人余、そして現在では190万人余といわれる日系人の中に占める日本人の数は3%を下回るとい […]