ホーム | コラム | オーリャ! | コラム オーリャ!

コラム オーリャ!

2007年7月18日付け

 二十一日まで行われている、文協ビルでの在外選挙公館投票。四日目の十六日、雨の中、傘を手に投票へ訪れる人を見ていた。
 近所に住む人ばかりではない。中には、電車、バスを何度も乗り換えてやってきた人もいたと聞く。
 とかく投票率が注目されがちな在外投票。もちろん高いにこしたことはないし、郵便投票まできちんと集計されれば、その数はもっと上がるだろう。
 でも、日本を遠く離れたブラジルで、家族と共に杖をつき、または車椅子で訪れる人の姿は、そんな考えが無意味に思えるほど印象深いのも確かだ。
 投票初日に聞いた、ある婦人の言葉、―日本には最高でいてほしいから―。当の日本で、そんな言葉がどれほど聞けるだろうか。粛々と手続きを済ませていく来場者を見ながら、考えた。(ま)

image_print

こちらの記事もどうぞ