ホーム | 日系社会ニュース | 徳江陽子さん来年公演=「音楽で日伯交流に」

徳江陽子さん来年公演=「音楽で日伯交流に」

2007年7月31日付け

 「音楽を通して、来年から日伯交流に関わっていきたい」。そう語るのは、世界エイズ研究予防財団へのチャリティーコンサートをしたことでも有名なピアノニストの徳江陽子さん。日伯交流年記念事業の一環として来年、全伯各地で演奏会を開くにあたり、十七日から視察に来伯している。
 夫の齋田光孚(さいた・てるたね)さんは一九五八年から四年間、ブラジル駐在していた縁から今回の話が持ち上がった。齋田さんは父親の代から東久邇宮家とつながりがあり、皇籍離脱した多羅間俊彦氏が移住した関係もあって駐在し、ブラジルを「第二の故郷」とも慕っている。現在、自身が会長を務める(株)ロゴハウス・ジャパンは日本側の日伯交流年実行委員会の委員にもなっている。
 徳江さんは桐朋学園大学付属高校、パリ国立高等音楽院などを卒業し、渡辺恵一郎氏や鷲見五郎氏などに師事。国内での演奏会はもちろん、パリやロンドンなどの欧州、米国や中国でもリサイタルを開催。〇一年から五年間、世界エイズ研究予防財団へのチャリティー公演を開催した。
 来年は五~六月頃にサンパウロ市など四都市で公演を行う予定。曲目はポピュラークラッシック、映画音楽、ヴィラ・ロボスなどのブラジル音楽になるという。「とにかく楽しく聞いてもらえれば」と徳江さん。
 今回はブラジリア、マナウスなどにも立ち寄り、齋田さんは旧交を温めた。八月一日に帰国する。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 西式健康相談、6日2015年12月2日 西式健康相談、6日  西式健康法ブラジル支部による「無料健康相談」が、6日午前9時から同支部(Rua Martiniano de Carvalho, 959, Bela […]
  • 東西南北2017年2月22日 東西南北  好調な支持率でスタートを切ったサンパウロ市のジョアン・ドリア市長の市政だが、良いことばかりが報じられているわけではない。21日付アゴラ紙によると、市内の公園では雑草が伸び放題になっていて、人が歩くのにも邪魔になっているケースが目立っているという。また、同紙によると、市内の保健 […]
  • 喜んだのは金融市場だけ=社会政策を犠牲にした大統領2006年5月3日 喜んだのは金融市場だけ=社会政策を犠牲にした大統領 2006年5月3日(水) […]
  • キリストの幕屋で11日=ナタル、プレゼント交換会も2016年12月7日 キリストの幕屋で11日=ナタル、プレゼント交換会も  サンパウロキリストの幕屋(木村喜代人会長)が『ナタル集会』を11日午前10時からキリストの幕屋(Rua Raiz da Serra, 104, […]
  • 友利、村井両四段本戦へ=17日、全伯囲碁名人戦2005年4月14日 友利、村井両四段本戦へ=17日、全伯囲碁名人戦 4月14日(木)  第十六回全伯囲碁名人戦の四段戦が、十日、日本棋院南米本部会館で開催された。三段戦から勝ち上がった参加者は、厚い壁を突き破れなかった。 […]