ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

2007年7月31日付け

 サロン文協、美展、工芸展の初の合同展示会、「大総合美術展」が十月に開催されるにあたり、三十日から応募が開始された。初日午前には、二十人以上が作品を持ち込んだ。各展示会ともに、応募初日の申し込みは少なかっただけに関係者もビックリ。「合同だけあって、多くの作品が申し込まれそうだ」と嬉しい悲鳴を上げている。応募締め切りは来月三日まで。
     ◎
 「本当にすごいお祭りですよ」。ピアニストの徳江陽子さんは、今回の来伯中に見た県連日本祭りの驚きをそう語った。「あんなにほぼ全県のものが一堂に集まることは日本でもそうないですから、世界でも唯一かも」とまで。国際的にリサイタルを開いている徳江さんだけに説得力がある。汎米大会のレジストロ視察にも加わり、「最初のご苦労がよく分かった。みなさん垣根のない温かい心で協力しながらやってきたのですね」と感心しきりの様子だった。
     ◎
 「四十年にして初めて負けた――。世界剣道選手権大会が始まってこの方、日本男子が優勝を逃したことはなかったのだが、昨年十二月の台湾大会、日本男子は団体準決勝でアメリカに敗れた。ブラジル代表選手候補強化練習のため、日本から来伯中の田島誠教士八段はしぶい顔で「十三回目にして…」と小さくつぶやいていた。それだけ、剣道が世界に広がったということか。ちなみにブラジル代表は団体でベスト8だった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 第1位=大成功の五輪、不安はねのけ=日系も活躍、東京大会PRも2016年12月27日 第1位=大成功の五輪、不安はねのけ=日系も活躍、東京大会PRも  半年前に迎えた中南米大陸初の祭典。1位はやはり、リオでのオリンピック・パラリンピックだ。開幕前から工事遅延、治安、ジカ熱と不安が高まる報道が目立った。大統領弾劾が重なるような混迷期だったが、邦人被害を含め大きな事件、事故もなく無事に閉幕。ブラジル特有のホスピタリティで成功 […]
  • 大耳小耳2016年8月4日 大耳小耳  非日系人の来場客が過半数を超え、『サンパウロの祭り』と認識され始めた県連日本祭り。県連代表者会議では、宮城県人会の中沢宏一会長から「NHKニュースで『あるブラジルの日系団体が主催した』と報道された。非常に残念」と悲しむ発言があった。本橋元会長からは「日本では自民党の支部を『県 […]
  • 県連会議=期待される日本側注力の取組み=日本祭り準備いよいよ大詰め=会場工事完了、黒字予測に2016年5月31日 県連会議=期待される日本側注力の取組み=日本祭り準備いよいよ大詰め=会場工事完了、黒字予測に  いよいよ目前に迫ってきた日本祭り(7月8~10日)――。ブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)の「5月度代表者会議」が25日、文協ビル同会議室内で行われ、第19回日本祭り、県連創立50周年記念式典に関する議題などの報告が行われた。赤字額27万9千レアルと見込まれていた […]
  • 講演を行う梅田大使2014年11月18日 文協統合フォーラム=日伯交流の可能性を探る=大使講演、首相来伯で緊密化=3年で900人のブラジル人受入れへ  日系社会の活性化を目指す「文協統合フォーラム」(西村リカルド実行委員長)が15、16の両日、サンパウロ市文協の貴賓室などで行われ、サンパウロ州はじめベレン、ブラジリア、ベロ・オリゾンテなど全伯各地から約100人が参加した。梅田邦夫駐伯日本国大使、海外日系人協会の森本昌義理 […]
  • ステーキとお茶漬け2014年7月9日 ステーキとお茶漬け  6月以来、一般ニュースまでW杯ほぼ一色で、他のイベントも見事にない。そんな時にも関わらず、先週末サンパウロ市で日本祭りが行われた。20万人近くが訪れる、地元主催では世界最大級の日本文化イベントだ。 そこで静岡新聞社と共に富士山写真展を開催したら、ブラジル代表の試合時間です […]