ホーム | 日系社会ニュース | 元日テレアナウンサー=福留功男氏の講演会=「崩壊する日本のテレビ」

元日テレアナウンサー=福留功男氏の講演会=「崩壊する日本のテレビ」

2007年8月15日付け

 元日本テレビアナウンサー(現在フリー)の福留功男氏が九月一日午後二時から、文協小講堂で講演会「トメさんが本音でしゃべる『崩壊する日本のテレビ』」を開く。入場無料。国際交流基金、ブンバが共催。
 福留氏は一九四二年、高知県生まれ。六六年日本テレビ報道局入社。「アメリカ横断ウルトラクイズ」「ズームイン朝」など、同局の看板番組の司会として活躍、九一年フリーとなってからも日テレ「いつみても波乱万丈」TBS「ブロードキャスター」などでお茶の間にお馴染みの顔となっている。八八年に「アメリカ横断ウルトラクイズ」の撮影でブラジルを訪れている。
 二度目の来伯となる今回は国際協力機構(JICA)の「福留功男キャスターのブラジル派遣(フィールドビジット)およびTBSテレビ番組制作取材協力」により、二十日に来伯、アマゾンの森林破壊やエタノールなど環境問題に関して、取材・撮影を行い、三日に帰国する。

image_print

こちらの記事もどうぞ