ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

2007年8月18日付け

 日系人のキャンプはダメ?――茨城県高萩市が今年から、同市の高戸海岸でのキャンプを禁止したという。共同通信によれば同海岸は、七年ほど前から、北関東で暮らす日系ブラジル人が夏の休みを過ごす人気の場所になっていた。昨年は二百以上のテントがあったというが、付近の住民から騒音やごみを分別しないなどの苦情が寄せられていた。昨年には遊泳禁止区域で日系人男性がおぼれて死亡。今年から、テントの絵にポルトガル語で「禁止」と書かれた看板がならぶ次第になったとか。大分少なくなったと思っていたが、まだまだこういう話は出てくる。
     ◎
 「ペーパーアーティスト」という、少し耳慣れない肩書きを持つ広井敏通さん。これまでセビリア万博の日本館にも出品するなど、長年紙を使った創作活動を続けている。風車を使ったモニュメント製作は四年前から。地元の幼稚園・小中学校などに出張して作り方を指導、竹を使った枠を子供たちが作った風車で飾るもので、日本の各地でイベントを開催。静岡県下田市で開かれる「風の花祭り」は今年で三回目になる。今回の滞伯中にも、ロンドリーナ、パラナグアなど州内四都市の日本語学校で風車の作り方を教え、好評だったようだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ