ホーム | 日系社会ニュース | レベルの高い試合見て=21日に高段者選手権=ブラジル剣道連盟

レベルの高い試合見て=21日に高段者選手権=ブラジル剣道連盟

ニッケイ新聞 2007年10月18日付け

 ブラジル剣道連盟(児島修徳会長)は二十一日午前九時半から、ピニェイロス区のピラチニンガ体育館で第十四回高段者選手権大会を開催する。児島昭徳、大政武志両理事が案内のため来社した。
 トーナメント形式で争われ、男子四十七名(三段以上)、女子十八名(二段以上)が出場。パラナ、サンタカタリーナ州などからも参加する。
 先月、チリで行われた南米剣道選手権大会では九カ国が参加し、ブラジル男女が個人、団体すべて優勝した。今回、優勝した選手も同大会に出場する。
 大政理事は「入場は無料なので、レベルの高い試合を見に来てください」と観戦を呼びかけている。

image_print

こちらの記事もどうぞ